« 「AIvs.教科書が読めない子どもたち」(新井紀子著) | トップページ | 褒めるべき時には褒めよう »

2018年7月19日 (木)

長距離の引っ越し

 3月末でもないし、役所の異動時期の6月末からも日にちが経っているので、時節柄でもないネタですが、引っ越しです(転勤族の方々には既知の当たり前の知識なんでしょうけれど)。
 
 長距離の引っ越し、例えば、東京から大阪まで引っ越す場合、ドライバーさんたちは、東京で荷物を積んで、大阪まで走り、大阪で荷物を降ろして帰ってくるのだと実質的には引っ越し2回分の料金をもらわないと合わないよなぁ、と思っていました。文京区から新宿区への引っ越しみたいな近距離なら、場合によっては、1日2か所でもできるのに、東京大阪だとそれで1日が完全に終わってしまう。
 
 で、どうするのか? 例えば、ドライバー以外の荷積みをする人は、大阪まで行かず、大阪に着くと荷降ろしのスタッフが待っているとか。これだと、荷積みをする人の人件費は東京~大阪の移動時間分は節減できます。しかし、大阪からの帰り道は、トラックは空気を運ぶことになります。
 
 で、ここからが正解編。東京で木曜日とかに荷物を積み、それを東京周辺の物流センターに運びます。そして、土曜日などに大阪から東京に引っ越してくる業務があれば、土曜日に到着したトラックが荷降ろし後、物流センターに行き、そこで木曜日の荷物を積み込みます。そして、トラックは、大阪へ向かって走る。これで、行きも帰りも引っ越し料金をもらえる形で移動ができて、かつ、利用者への負担額も少なくて済むわけです。この話を聞いて、「なるほどなぁ」と大いに感心した次第です。荷物もおそらくコンテナに積むのでしょうね、物流センターで積み替えをするのは大変ですから。
 
 しかし、そのためには条件があって、その引っ越し業者は全国展開をしていないといけないです。かつ、遠距離の引っ越しの仕事をそれなりの件数、受注していないと効率が上がりません。また、依頼する顧客も、荷物を搬出してから引っ越し先への搬入まで数日間とか1週間待たされることを我慢しなければいけません。でも、引っ越し料金が10万円なのか、6万円なのか?となれば、多少の不便は我慢するのだろうと思った次第。
 
 遠距離の引っ越しの場合には、業者の規模の経済性が働きますね。また、利用者も複数の業者に見積もりを取ることで安い業者との出会いがありそうです。

 

|

« 「AIvs.教科書が読めない子どもたち」(新井紀子著) | トップページ | 褒めるべき時には褒めよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/66956888

この記事へのトラックバック一覧です: 長距離の引っ越し:

« 「AIvs.教科書が読めない子どもたち」(新井紀子著) | トップページ | 褒めるべき時には褒めよう »