« 消費者庁の軽減税率対策の文書 | トップページ

2018年5月24日 (木)

新しい会計ソフトは怖い

 あるクラウド会計のシステムの話です。請求データを作ると、売上、売掛金が計上できて、翌月とかに預金データを取り込むと、入金消込、売掛金入金の仕訳が作成されるというのは、かつての伝票を起こして、ソフトに入力という手順からすると画期的です。
 
 ところが、顧問先の資料で、いやに消費税額が多く出る。あれ、課税売上が多いぞ?と思って、調べると前受金が課税売上になっている。なるほど、前受金の請求データを作った際に、当然ながら消費税も請求するので、前受金が課税売上として入力されてしまっていました(正しくは課税対象外。売上への振替時に課税売上となります)。これに気づかずに消費税の申告書を提出すると、前受金請求額の8%分(正しくは8/108%)だけ課税売上が多くなって、消費税納税額が大きくなってしまいます。お客さんに損をさせる。おそらく、前受金の入金時には課税売上のマイナスになるのでしょうから、2期を通せばセーフで、期末をまたぐ場合にだけ問題が生じるのでしょう。
 
 新しいシステムって、ちょっとルーチンではない取引(前受金の請求はルーチンですけど)などでバグが隠れている恐れがあります。クラウド会計のシステムって、みんな新しいシステムなので、こういう不安が残っているわけです。あらためて、システムって、頭から信じて使ってはいけないのだという教訓を得ました、3月決算5月申告の1年で一番忙しい時期の月末に。

|

« 消費者庁の軽減税率対策の文書 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/66754799

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい会計ソフトは怖い:

« 消費者庁の軽減税率対策の文書 | トップページ