« 医療費控除の改正は、困りもの | トップページ | 取引先を見直すに値する原価を把握しているか »

2018年2月25日 (日)

栄養ドリンクで経理部門は疲労困憊?

 仕事の関連の業者さんから「確定申告の陣中見舞いです。」ってチオビタドリンクをもらいました。ラベルの真ん中に「指定医薬部外品」って書かれています。で、税金へ発想が飛ぶのが職業病。ということで、来年10月の軽減税率の話。
 
 消費税が10%になって軽減税率が導入されると、食料品と日刊新聞に8%の税率が適用です。医薬部外品は食品からは除かれているので標準税率です。オロナミンCなら飲料で軽減税率。じゃ、ほかのはどうなんだ?
 
 オロナミンC以外にもデカビタ、レッドブル、リアルゴールドが軽減税率対象の飲料、チオビタの他にもリポビタンD、ユンケル、アリナミンVドリンクは、医薬品(医薬部外品や第2類、第3類医薬品)に該当します。経済学的には、「代替財」みたいなことが起きる可能性があります。軽減税率適用の飲料が割安になり、需要が増えて、医薬品扱いのリポビタンDなどの需要が落ちる。税の中立の観点からも問題です、軽減税率は。
 
 また、実務を考えても、例えば建設業で、現場監督が自社の部下や外注さんに差し入れみたいにしてこういったドリンクを買ったという領収書を上げてきたら、経理の人は、金額チェックするだけでなく、レシートで品目や適用税率もチェックしてから、経費精算を承認しないといけません。あるいは、経費精算をする人にそもそも間違えないように十分な教育を施さないといけない。経費精算もスマホ撮影保存で一発!どころじゃなさそうな予感が。
 
 消費税区分がいい加減な経費精算書が続々と提出されてくると、経理の人は、そのチェックと訂正で疲労困憊することになります。こんな時こそ、標準税率ではあっても有効成分がきちんと含まれている栄養ドリンクを経理部門に差し入れないといけないですね。今のりこえたい疲れに、愛情一本、ファイトー!一発!で24時間働けますか?

|

« 医療費控除の改正は、困りもの | トップページ | 取引先を見直すに値する原価を把握しているか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/66432198

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養ドリンクで経理部門は疲労困憊?:

« 医療費控除の改正は、困りもの | トップページ | 取引先を見直すに値する原価を把握しているか »