« AIは公認会計士の仕事を奪うのか | トップページ | 起業セミナーって、おかしくない? »

2017年8月15日 (火)

公的年金制度のありがたさ

 ネットで見かけたニュースで、年金が11万円しかもらえないので、いったん隠居したが再び働きだして、3か所掛け持ちで苦労しているという69歳の人の記事が出ていました。「年金は少なくて、日本の社会保障はひどいね」と読者に伝えたいという記事に思えました。

 しかし、この方についていえば、そもそも65歳で年金を受給しはじめる際に11万円ってわかっていたはず。それで十分な暮らしができるかどうか、判断できたはず。実は、公的年金制度は、70歳までの受給繰り下げの制度があります。70歳からの受給開始すれば42%アップになり、金額にすれば約15万円の年金受給額になったわけです。月額4万円、年間50万円近く違うなら、65歳からの5年間、何とか仕事を続けて、貯金を取り崩してでも15万円の年金をもらうようにするという手もあったと思います。60歳台は、働けれるけれど、70歳代、80歳代になったら難しいわけですから。

 この年金受給の繰り下げ制度って、意外と理解されていないし、活用されていないと思います。という話をすると、「平均寿命とか考えると、早くもらわないと損しちゃう」とか言う方が多いです。しかし、平均寿命って、今、生まれた赤ちゃんが平均で何歳まで生きるか?という期待値です。当然、65歳まで無事に生きた人の平均余命は、平均寿命より長い。男性でも85歳とか90歳まで生きちゃうかもという前提で老後設計をすべきです。女性の場合だと、65歳の段階で足腰に問題なかったら、90歳かと95歳まで生きるかも、80歳の段階で足腰に問題なかったら100歳まで生きるかも、くらいの老後設計が必要なのではないでしょうか。

 という観点では、死ぬまで受給できる公的年金は「長生きリスク」に備える保険。保険というと、死んだり、病気した時の保障を思い浮かべますが、長生きしすぎることもリスクです。だって、90歳になったら、さすがに働けないし、うっかりすると子どもが先に死んでいるかもしれないし、昨今、未婚のままの一人暮らしの人も多いです。その時に一定のお金が入り続けるのは、ありがたいんだと思います。

 死ぬまでもらいつつけることができる公的年金の有難味は、こういう点にあるということを再認識したいものですね。

|

« AIは公認会計士の仕事を奪うのか | トップページ | 起業セミナーって、おかしくない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/65666473

この記事へのトラックバック一覧です: 公的年金制度のありがたさ:

« AIは公認会計士の仕事を奪うのか | トップページ | 起業セミナーって、おかしくない? »