« 起業セミナーって、おかしくない? | トップページ | スキャナ保存で企業体質の改革を »

2017年8月29日 (火)

スキャナ保存導入は、なぜ進まない

 平成27年度、28年度改正で保存要件が緩和され、スマホ撮影保存まで認められたスキャナ保存制度ですが、爆発的には活用されていない印象です。平成27年度の申請件数を見れば、平成27年度の要件緩和を受けて、だいぶ増えたことがわかります。何しろ、スキャナ保存制度がスタートしてから10年間の累積申請件数152件を上回る申請が施行後の半年で申請されたわけですから。
 
 とはいえ、あちこちの企業が導入を開始したとも思えません。スキャナ保存機器を販売している会社がセミナーを開いて、導入を検討している会社を懸命に発掘しているという状況であり、ユーザーが販売会社に飛び込んでくるようでもないし、私のようなスキャナ保存に関する本を書いている公認会計士・税理士に導入上のコンサルをしてほしいという見積依頼1件すらありません。
 
 なぜでしょう。その答えの1つが日本CFO協会のサイトの情報から見て取れたので、ご報告します。「経理・財務部門の電子化・デジタル化に向けた現状と課題」というページですが、領収書電子化による全般的なメリットを感じるか?という質問に「とても感じる」23%、「感じる」60%という実態調査の結果が表示されています。ところが、経費精算の領収書電子化について導入意向はあるか?という質問には、導入済み、導入中が合わせて10%、導入計画ありが36%、導入計画なしが54%となっているのです。
 
 実態調査では、その後の質問で、スキャナ保存制度の制度要件が厳しいからだという結論を導き出しています。しかし、その中の一部は、私の書いた書籍を読めば、解決するようなこともたくさんあるし、私の本を読まないまでも、本気で導入を検討すれば解決するようなものもあります。ということは、私は、「そもそも真剣に考えていないから」なのではないかと想像しています。その背景には、「紙の書類を破棄することへの本能的不安があるから」なのではないでしょうか。そもそも総務や経理の方々は、慎重な方が多く、こうした職種にとっては好ましい性格なのかもしれません。しかし、企業の業務を変革し、効率化を図ろうという姿勢は、薄くなってしまう弱点にもつながるのではないかと。
 
 私は、スキャナ保存制度の話をする際には、「規制緩和の要望を受けて、2年連続で要件緩和が行われた以上、ボールは国税庁から民間サイドに投げられたんです。投げられたボールを手にしたままにするのか、それを業務改革という形で使うのかは、民間サイド次第なんです。」という話をすることがあります。労働人口が減りつつある中、求人もなかなか難しいと思います。それであれば、量より質、労働生産性のアップで業務量をこなしていくしかないと思います。こうした観点で、トップダウンでスキャナ保存導入の意思決定が必要ではないかと思う次第です。

|

« 起業セミナーって、おかしくない? | トップページ | スキャナ保存で企業体質の改革を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/65725942

この記事へのトラックバック一覧です: スキャナ保存導入は、なぜ進まない:

« 起業セミナーって、おかしくない? | トップページ | スキャナ保存で企業体質の改革を »