« スキャナ保存に関する通達の改正 | トップページ | 高負担&高福祉の社会 »

2017年7月30日 (日)

正社員への求人が初の1倍超え

 平成29年7月28日厚生労働省発表の雇用統計が私が気づいた範囲では、日本経済新聞、毎日新聞の夕刊に記事として出ていました。それによれば、正社員の求人倍率が1倍を超えたというのです。「1倍を超えて求人が求職を上回るのは2004年の調査開始以来初めて」だそうです。日本経済新聞の記事はこちら
 
 定年延長や再雇用での人もついに引退という状況になって、正社員が足りなくなったということではないかと思います。また、非正規での募集では全く人が採用できないので、解雇しずらいといったデメリットになりふり構わず求人に走り始めたということかもしれません。
 
 これで一人当たりの給与も増え、消費も増え、そうすると需要が増えるので雇用は一層タイトになって、非正規社員の給与単価も上昇して、物価も上がり始めて、投資が収益を上げられる見込みが出てくると資金需要も増えて、金利も上がり、貯蓄が多い高齢者の所得が増えると高齢者の消費も増えて・・・とみんなが豊かになる時代がきたらいいなぁ・・・と心底思う次第です。
 
 この雇用統計の伸びは、2009年というリーマンショックの翌年からスタートしていますので、アベノミクスの成果だとか民主党時代の成果だといったものではなく、団塊の世代が引退し、新たに生産人口に加わる18歳周辺の人口が少ないという人口構造によるものかもしれません。しかし、正社員が増え始めるかもしれないという喜ばしいニュースだと考えれば、もっと多くの人に知ってもらいたいなぁと思った次第です。

|

« スキャナ保存に関する通達の改正 | トップページ | 高負担&高福祉の社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/65599116

この記事へのトラックバック一覧です: 正社員への求人が初の1倍超え:

« スキャナ保存に関する通達の改正 | トップページ | 高負担&高福祉の社会 »