« コインパーキングの経済学 | トップページ | 行政改革って、増税より優れているのだろうか? »

2017年5月 7日 (日)

投資信託が売れない

「投資信託が売れない」、これは、日経の今朝のトップ記事です。「投資を信じて託す」はずの投資信託が高額手数料で利用者を搾取してきた結果の不信。信じられない信託は売れなくて当然だと思います。毎月分配型が売れていたということ自体、本来、投資信託を売ってはいけないような無知な人に投信を売ってきたということの証左だと思う。だって、長期投資が有利だから投資信託のはずが、元本からの分配というたこ足配当するような商品が売れるって変です。金融庁に毎月分配型なんか売るなと言われて、売れなくなった現状こそが正常だとなのではないかと思います?
そもそも、おいしすぎるビジネスだから、あちこちの会社が売り出すわけで、6000本は、多すぎでしょ。正常化の過程で、本数は1/10以下に減ってもよいのではないかと考える次第。

 

|

« コインパーキングの経済学 | トップページ | 行政改革って、増税より優れているのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/65246847

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託が売れない:

« コインパーキングの経済学 | トップページ | 行政改革って、増税より優れているのだろうか? »