« スマホ撮影保存でホワイトカラーの生産性をアップ | トップページ

2017年4月20日 (木)

コインパーキングの経済学

 コインパーキングの料金体系を観察ってしたことがありますか?
 
 観察してみると、けっこういろいろな料金体系があります。例えば、1日最大1000円とか1600円という打ち止め料金を持っているものと持っていないもの。半日でも終日でも安心して止められるから、打ち止め料金があるところはたくさん停めてくれるかもしれません。しかし、長時間駐車されるため、1日に2回転くらいしかしなかったりすると、売上の極大化の観点では壁があることになります。
 
 逆に、10分辺りの料金はちょっと安めで、1~2時間以内の駐車用途でどんどん活用してもらって、1日に10台、20台の車が代わる代わる駐車しているところは、もしかすると5千円以上の売上を1日で上げてしまうかもしれません。しかし、夜間に一晩通して停めておこうという利用者は使わないでしょうから、夜間は空きがちになると思います。そのため、夜間料金は、60分100円とか、安く設定されることになります。
 
 また、時間当たりの料金も10分100円という表示もあるし、20分200円、30分300円という表示もあります。駐車時間は20分前後かな?という時に、19分だと、それぞれ200円、200円、300円となるし、21分駐車すると、300円、400円、300円と変化します。絶対に20分以内に戻ってこられるなら10分100円か20分200円の駐車場がお勧めですが、ちょっと手間取って25分になるかも?という場合には、30分300円の駐車場も悪くないということになります。たった100円ではありますが、時間の刻みをどうするかで、利用者を選別しているということでもあります。
 
 さらに立地条件によって料金も違います。20分300円といった高い駐車場から200mも行かないところに20分100円という駐車場があったり。しかし、その場合、かなり狭い一方通行に面したところにあって、しかも朝の8時前後は通学路として車両通行止め。だからこそ、近所の人にしか利用されないので、料金を安くして、近所の需要を取り込むのだと思います。逆に高い方は、わかりやすいところにあって、高くても駐車してもらえるわけです。
 
 料金体系を見ていると、その立地の良し悪しやその立地における顧客ニーズなどが透けて見えてくることになります。商業地の通りを走っていると駅に近いところは、通り沿いにはコインパーキングはありませんが、200mくらい離れてくるとポツポツと見かけるようになります。そして、徐々に料金が下がってきて、大きな川を渡る橋の手前のコインパーキングが一番安い。当然ですね、橋の向こう側の人は利用しないので、半径100mの円を描いた時の潜在顧客のマーケットは半分欠けてしまいます。そうなると、価格勝負しかありません。
 
 といった観点で、コインパーキングの観察をすると経済学の需要曲線と供給曲線の理論が実感として感じられるように思います。

|

« スマホ撮影保存でホワイトカラーの生産性をアップ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/65174526

この記事へのトラックバック一覧です: コインパーキングの経済学:

« スマホ撮影保存でホワイトカラーの生産性をアップ | トップページ