« 出前の注文を狙うお店 | トップページ | スマホ撮影保存でホワイトカラーの生産性をアップ »

2017年2月21日 (火)

タクシー料金の話

 昨日、中央区新川1丁目の永代通りから東京駅八重洲口までタクシーに乗りました。松井建設の本社ビルのあたり、日本政策金融公庫東京中央支店のあたり、と書くと場所が思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。
 
 従来の730円の初乗り料金が410円になって威力を発揮するかと思いました。タクシーは、新川一丁目の交差点を左折して永代通りを離れ、700mほど直進。突き当りを右折して、八丁堀交差点で新大橋通りを渡り、宝町ランプ入口を過ぎ、京橋一丁目で昭和通りを、日本橋三丁目で中央通りを超えて、東京駅八重洲口に真正面から近づきます。
 
 そのあたりで運賃のメーターは、890円。運転手さんが「おかしいなぁ、値下げ前は、あの辺からはワンメーターで東京駅まで着いたんだが」と言います。結果として料金は、970円でした。
 
 これは、時間距離併用制運賃の影響だと思います。これは、タクシーに乗車中、信号待ちや渋滞などにより、走行速度が10km以下になった場合や、乗客の都合により、タクシーを待機させる場合に適用されるもので、1分30秒までごとに80円が加算されます。大きな通りを渡る信号で停車した場合、大通りの青信号の時間は長いので、1分くらいは停車することになります。すると、加算距離237mの2/3くらいは走ったものとみなされることになり、信号が青になってすぐにメーターは80円上がってしまいます。
 
 新川から東京駅までは1.3キロくらいなので、2キロ730円の時代であれば、信号待ちなどがあっても、それで行けたのでしょう。しかし、初乗り1.052キロで410になると、すぐに237mごとの80円加算の区分になって、ここでは信号待ちが大きく響くということになるのだと思います。
 
 と言うことは、日中の都心では、若干の違いなら、距離よりも大きな通りを走って、信号による停車時間を極力減らすことが運賃を節減するコツなのかもしれないと思いました。参考にしていただければと思います。

|

« 出前の注文を狙うお店 | トップページ | スマホ撮影保存でホワイトカラーの生産性をアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/64921772

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー料金の話:

« 出前の注文を狙うお店 | トップページ | スマホ撮影保存でホワイトカラーの生産性をアップ »