« リノベーションの投資意思決定 | トップページ | 出前の注文を狙うお店 »

2017年1月30日 (月)

5,000円から始める確定拠出年金

iDeCoという愛称がついた確定拠出年金ですが、解説本が出ました。著者から頂戴したもので、このブログでもご紹介です。こんな表紙の本です。

 
 「5,000円から始める確定拠出年金」というタイトルの意味は、掛金の最低額が月額5千円なのです。確定拠出年金は、掛金が全額、所得控除となります。したがって、所得税がかかっている人であれば、月々5千円の掛金を払えば、年間6万円で15%の9千円が節税できます。15%というのは、所得税の最低税率5%と住民税の10%です。復興特別所得税もありますが、とりあえず細かいので置いておいて・・・。
 
 「でも、投資信託とか買わないといけないんでしょ」という声も多そうですが、定期預金でもよいのです。「わからんが iDeCo始めて 定期預金」 という川柳みたいなキャッチフレーズありなんですね。
 
 それで、60歳以降に引き出す際には、一時金で引き出して退職所得控除を使うか、年金でもらって公的年金等控除を使うか、いずれにせよ節税の手段が用意されています。こんなにおいしい確定拠出年金を始めてみるにあたっての解説書となっています。
 
 瀧川さん、宣伝しましたよ!(笑)。

|

« リノベーションの投資意思決定 | トップページ | 出前の注文を狙うお店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/64829156

この記事へのトラックバック一覧です: 5,000円から始める確定拠出年金:

« リノベーションの投資意思決定 | トップページ | 出前の注文を狙うお店 »