« ふるさと納税しましたか? | トップページ | 本年の日本経済 »

2016年12月28日 (水)

お金で人が動かない時代?

 クリスマスの晩、ドミノピザの店舗でピザの受け取りに来る人で行列ができて、店のオペレーションが大混乱したという記事を見かけました。記事の雰囲気では、「ピザを配達ではなく、受け取りに来るならピザもう1枚が無料」というキャンペーンに魅かれて多くの注文が集まったという雰囲気で書かれていました。
 しかし、数か月に一度程度ですが、ドミノピザを利用している私からすれば、このキャンペーンは普段からのルールであり、車で受け取りに行くという作業をたまにしている次第。つまり、この混乱は、クリスマスのパーティにあたって「そうか! ドミノだったら、1枚無料でほかのピザ屋さんより安いんだ」と気づいた人が多かったということかと思います。
 しかし、あと1つ、私の推測に過ぎないのですが、混乱の原因の1つに店舗でのアルバイト店員のシフト割れがあったのではないかと思うのです。「今の若い人は」という言い方はしたくないのですが、美意識としてクリスマスにアルバイトなんかしているのは恥ずかしい、寂しいという感覚があるのではないでしょうか。草食系の時代なので、若い人すべてにクリスマスデートの予定があるとは思いません。しかし、バイトしているのはあまりにも寂しいという美意識はあるのではないかと。だから、暇でもバイトにはいかない、店長にお願いされても、すげなく断る。
 人が集まりにくい時期であれば、雇用者側もバイト料1割増しとか、対策を打っているのかもしれませんが、950円のバイト料が1050円になろうと、稼ぎたいときに稼げばいいのだし・・・というのが今の感覚なのではないかと。昔の(要するに我々の年代の)バイトは、3万円より5万円、5万円より7万円とか稼げるなら稼いじゃおう、みたいな雰囲気があったと思います。そして、お金が入れば、バイク買おう、車買おうみたいな「欲」があったと思います。しかし、最近は、「携帯電話代と友達との交際費程度の3万円も稼げれば、それでいいんだ」というバイトが多いというのがチェーン展開している飲食店の社長の話。そのため、ドミノピザの店舗のバイト人数は、たくさんの注文を受けるには耐えられない体制だったのではないかと想像するのです。もともと、ピザ釜というボトルネックを抱えている業態で、バイトが足りなくて、ピザのトッピングなどの製造作業と来店客の対応の両方が降りかかってきたのが大混乱の原因になっているのではないかと。
 日中のアルバイト、パートの時給より深夜の時給の方が高いのですが、これからは深夜のバイトも集まりにくい時代かもしれません。そして、バレンタインデー、クリスマスイブ、正月などは、バイトが確保できないということが一層深刻になるかもしれません。人が集まりにくい時には、時給を上げて・・・というので対応できれば苦労はないのですが、そういう欲がない人が多くなっているのであれば、お金で釣ることはできません。何をインセンティブにするのか、何でモティベートするのか、経営者は悩まなければいけない時代だと思います。と、同時に「欲」って、本当は大事だと思うのですけどね。
 <追記>Web予約サーバーが落ちてしまって、混乱したらしいという情報もありました。ピザの場合、焼き釜がボトルネックになるわけで、各店舗ごとにそのキャパを超えないように予約を受け付けないといけないはずですが、そういうロジックがなかったり、サーバーが落ちて、そのあたりがうまく回らなかった可能性はあります。しかし、12月28日21時現在でドミノピザのホームページにはニュースリリース的なものは見当たらず、何とも後味が悪い状況だと私は思いました。

 

|

« ふるさと納税しましたか? | トップページ | 本年の日本経済 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/64685843

この記事へのトラックバック一覧です: お金で人が動かない時代?:

« ふるさと納税しましたか? | トップページ | 本年の日本経済 »