« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月12日 (水)

税負担の損得

 森信茂樹先生が日経の紙上で配偶者控除の見直しについて解説論考を書かれていて、それのタイトルが「税負担の損得論を越えよ」とあって、単純に「カッコいいなあ」と思いました。
 というのは、税制の検討で個人や法人の直接的な負担軽減だけを考えていたら、減税以外の改正はあり得ません。法人税ゼロ、消費税ゼロ、所得税ゼロ、固定資産税ゼロで国民が幸せになりますか?ということを考えて、みんなでどう負担しようかという議論以外あり得ないうけです。
 自分の可処分所得を削って、つまり直接的利益を削って、国家という自らが帰属するコミュニティの安定や困っている人への扶助(将来、自分も扶助されるかもしれないし、子供時代は教育や予防注射など扶助されてきたし)といった間接的利益にお金を供出するのが税金です。理念としては間接的利益はわかっても、普通は、増税は「損」と考えるかと思います。生活評論家なんかも「配偶者控除がなくなると生活者の負担はこうなる」みたいな話をしますよね。
 でも、それじゃ、直接的利益に偏重し、間接的利益との妥協点を見出す税制の議論にはなりません。だからこそ、「税負担の損得論を越えよ」という見出しなんだと思ったわけです。この発想を全体主義と捉える人を見かけたのは意外でした。国家や地方公共団体の財政がきちんと回るから、必要な福祉など社会保障も維持できる。つまり間接的利益は、国民の利益であって、「国家なるもの」の利益ではないし、国家や地方公共団体は一人一人の国民と切り離された敵対者ではないわけです。我々が所属するコミュニティの中の一番大きいものという位置づけと考えたいわけです。ま、PTAでも町会でも隣近所の付き合いというコミュニティでも敵対関係を認識する場合もないわけではないのが一般の感覚かもしれませんが。
 というコミュニティとの距離感って、福祉のありがたさを国民が実感している北欧諸国などと、かつて戦争に駆り出されて国家に不信感がある日本との違いかもしれません。ま、そういう大きな話はさておいて、税制は、直接的利益と間接的利益の折り合いという観点で考えたいなと思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

10月1日から増える手続

 多くの方は「犯罪による収益の移転防止に関する法律」なんてご存じないと思います。要するに犯罪組織やテロリストが資金送金などをすることを防止しなければいけないという国際的な要請があり、日本ではこの法律で規制があるという次第です。
 それで、これを強化する改正があり、2016年10月1日より施行になっているようです。例えば、みずほ銀行のサイトでも次のような案内が出ています。

【重要なお知らせ】取引時確認手続の変更について

 ということで、従業員の方が銀行の窓口へ行くような場合には、社員証が必須かもしれませんし、会社の株主名簿をくださいといった要請が来るかもしれません。また、個人の手続でもいろいろ手間が増えるのでしょうね。ちなみに「外国政府等において重要な公的地位にある方(過去にその地位にあった方を含みます)またはそのご家族とのお取引に係る確認の追加」というのがあり、これは、10月1日の改正の要点としては重要ですが、我々、一般庶民には関係ありません。しかし、「重要な公的地位」というのは、最高裁判所の裁判官や日銀の理事は該当するけれども、衆議院議長とかではないただの国会議員は該当しないという新しい社会の常識が垣間見えるという興味深いものはあったりします。

 今後、銀行へ行って、余分な書類等を求められたら、「この法律のせいだな」と思って諦めてください。この法律は、海外からは規制が弱すぎると非難されてきたものらしいので、今後の運用はさらに厳しくなる可能性はあっても、緩くなることはないと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

東京のインフラの整備

 先月、法人税の申告で伺った会社の社長さんが、「東京は、もっと道路にお金を掛けるべきだ。」という話をされていました。建設会社なので、建設需要が増えるという話かと思ったら、そうじゃなかったので、興味深く聞かせていただきましたので、ご紹介です。
 社長いわく、東京23区は、東西、南北共に30キロくらいしかない。時速30キロで走れば1時間で着くところ、日中走ったら、2時間くらいかかるでしょ、とのこと。確かに足立区花畑から大田区蒲田まで、あるいは江戸川区東瑞江から世田谷区喜多見まで車で走ったら2時間かかりそうな気がします。
社長「これじゃ、生産性悪いでしょ、荷物届けるにしても、我々の業界なら取り壊した建物の廃棄物を捨てるにしても、2時間分の労務費が乗っかるわけよ。」
私 「確かに廃棄物の処分だって、処分場まで2回しか往復できないものが3回往復できたら生産性は1.5倍ですね。」
社長「そうでしょ。だいたいね、海外旅行するとわかるけど、東京は、トラックが多い。海外の街の道路って、自家用車ばかりじゃない?」
私 「言われてみればそうですね。海外は、タクシーとかはあっても、セダンのイメージですね。」
社長「そうなんだよ。海外はね、5車線、6車線のハイウェーがあって、そういうところはトラックが走っているかもしれないけれど、日本は、そういうのがないから、街中をトラックが走るわけ。」
私 「なるほど、首都高は、有料ですしね、下を走っちゃうのかもしれませんね。」
社長「そうでしょ。だから、日本は駄目なのよ。」
 ということで、東京の道路をもっと拡張して、さらには外郭環状線なんかは、無料にして、都心を業務用の車が入る量を減らしてあげるような工夫をすると、東京の生産性が上がって、結果として多くの業者が利益を上げられるようになるんじゃないか?ということで意見が一致しました。小池都知事、聞いていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »