« 今年の消費税の納付額 | トップページ | 借地権の謎 »

2015年5月26日 (火)

経理マンに求められるスキル

 経理マンに向いた人のタイプについての私見なんですが、優秀な経理マンの条件は、社内のあちこちの部署に「ねえねえ、この業務ってどうなってるの?」って聞ける人脈を築ける人だというのがあります。で、本日、もらったメールマガジンの文章を読んで、「おお、それそれ」と思ったので紹介です。この文章を書かれたのは、現在は、「サポーティブ リスニング スキル」養成講座、すなわち聞く力を養成する講座を展開しているクロスロード株式会社の社長さんです。

「以前、私はベンチャー企業を対象にした人材業を営んでいました。 株式上場に向けて社内体制を整備するために、幹部社員を採用したい。 そういうニーズにお応えしていたのです。
 成長企業って、管理体制がグチャグチャなことが多い。それを整備しないと、上場はできません。それから、勢いに任せて売り上げを伸ばすのではなく、狙った数字がきちんと出るように営業の仕組化を進める必要があります。 そういう任務を背負って、入社する幹部候補の人たち。
 彼らが成功するかどうか。その一つに、「ふらふらと歩き回れるかどうか」があります。 自分の目と耳で状況を把握して、どう対処するか検討するための情報を得るわけです。 この「ふらふらと歩き回る」って、実に大切な作業だと思います。 これができるかどうかで、仕事の成否が分かれると言ってもいい。」
 これなんですよね。経理って、日商簿記検定の問題のように「これを仕訳しなさい」と言われて処理するのではなく、正しい損益を出すために、どの部署からどういう数字をどういうタイミングでもらってくることができる仕組みを構築していく作業を含めての仕事なんだと思います。と書くと、管理職になってきた場合のスキルに思えますが、実は、営業マンに「早く旅費の精算をしてください」と叱る経理のお姉さんの行為もこのスキルの一種です。ということで、経理は、一種の情報処理業です。
  ふらふら歩き回った先に話しかける相手がいないんじゃしようがないので気の置けない社内の知人は重要。ということで、コミュニケーション能力って、あらゆる社会人にとっての不可欠なスキルなんだと思います。と、どちらかといえば無愛想な私が書くのもなんなんですが。

|

« 今年の消費税の納付額 | トップページ | 借地権の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/61646913

この記事へのトラックバック一覧です: 経理マンに求められるスキル:

« 今年の消費税の納付額 | トップページ | 借地権の謎 »