« 輸出免税で輸出企業は儲かる? | トップページ | 経理マンに求められるスキル »

2015年5月10日 (日)

今年の消費税の納付額

 昨日,床屋で髪の毛を切ってもらいながら,ゴールデンウィークの話から仕事をする時間がなくて困る話になり,9月にはシルバーウィークがあって,これは給与の締めから支給までの平日がなくなるので困るよねという話になり,そういえば,月末の入金を待って給与を払いたいから月末締め5日支給という会社もあるけど,そういう会社は,今月は1日に支給したのかな,たいへんだねという話になり,そうそう月末の支払いが多いから25日に給与払っちゃうとたいへんだよという話になり,その床屋さんは法人成りしていて2月決算4月申告・納付なので,消費税でたいへんだったという話になりました。

 私が,「今年の消費税は,5%が8%になったから8割る5で1.6倍になる計算なんだけど,もっと多かったでしょ」と言ったら,店主が「そうなんですよ,なんでこんなに多いの?」って顧問税理士に電話しちゃいましたと。そこで,種明かしをしました。

 今年の消費税の予定納税は,5%で計算している前年の消費税の半額といった計算で納付しています。なので,5%部分については,予定納税があるのですが,アップした3%部分については,1年分を納付しなければいけなかったのです。だから,納付額が増えてしまいました。

 たとえば,毎年,秋に50万円,春に申告とともに50万円を納付している会社があったとして,年間100万円の消費税が今年は,160万円に増えています。ところが,秋の予定納税は,80万円ではなく,50万円で納付しているため,春の確定申告時の納付額は,110万円になってしまいます。そのため,例年なら50万円のところ,倍以上の110万円の納付書をもらって,店主びっくり!ということなのです。

 「そういうことだったのか」と店主は,感心しておりましたが,税理士を職業とする私としても,税の話をして相手が心から納得する雰囲気を感じるととても満足感があるものでして,私も気持ちよい会話をすることができました。

 ということで,これから3月決算の申告と納税をする法人の皆さん。消費税額は前年の2倍を覚悟しておいてくださいね。年によって売上の変動がある会社の場合にはこの事例より複雑なので,単純に2倍ということではないので,注意が必要ですが。

|

« 輸出免税で輸出企業は儲かる? | トップページ | 経理マンに求められるスキル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/61567580

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の消費税の納付額:

« 輸出免税で輸出企業は儲かる? | トップページ | 経理マンに求められるスキル »