« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月19日 (金)

やはり値上げしないとダメなんだ

 昨日、2~3か月ぶりにお茶の水の「びすとろ備前」というフランス料理屋さんのランチを食べに行きました。本当は毎月1回は、お昼にお茶の水を通るので、通っていたのですが、このところその用事が時間がかかってお昼に戻ってこれなかったのです。
 で、久々に行ったら、従来1000円のランチが1050円になっていました。内容は全く同じ。で、思ったんです、「そうだ、値上げしないとダメなんだよ。」
 びすとろ備前のランチなら、1100円でも私は払うと思います。ここは、以前は、1000円のランチで、200円だったか追加を払うとデザートがつくみたいな形でした。ところが、1年前からデザートもついて1000円という形になりました。おそらく昼食の客数が減ったので、粗利を削って客数の確保に走ったのだと思います。しかし、やってみると客数がそれほど伸びるわけでもなく、デザート分だけ原価が増え、粗利を圧迫したのではないでしょうか。そして、この1年は、各種の食材が値上がりしています。そこで、消費税も上がったことだし・・・ということで値上げをすることにしたのでしょう。
 これでよいのだと思います。1000円でも1050円でも私は払うし、そもそもそれが高いと思う人は、30m先にラーメンの日高屋もあるし、道路の反対側に立ち食いそば屋もあります。
 同じようなことは、うちの事務所(文京区根津)の近くのKIZUKAというレストランにも言えます。ここは、従来から1050円のランチだったのですが、一時期850円のメニューも1品加えました。そしたら、私もついそちらを頼んでしまいます。おそらく客数が増えることなく、客単価だけが下がったのだと思います。半年くらい続けたでしょうか?ちょうど消費税のアップの頃に、これを止めてしまいました。おそらく、それでも客数が減るわけでもなく、客単価が戻った分だけ楽になったのではないでしょうか。ただ、このお店についていえば、1100円にしても良いから、コーヒーをつけてくれないかなぁ・・・と(笑)。
 良い人を雇いたいから給与や待遇を引き上げる、給与の上昇分は価格に転嫁する、食材も上がる中、最低限の利益を確保するためにメニューを改定する、利益が確保されるから、給与も引き上げることができる・・・と好循環が実現したらいいですね。牛丼のすき家も値上げを表明しました。これが正しい世の中なのではないかと思う次第です。
 ただ、価値のないものを提供している店は、この循環には乗れません。マクドナルドがハンバーガーを150円にしてみていただければ、それが証明できると思います。あんな中途半端なもの出しているから業績低迷するんですよね。100円バーガー1つじゃお昼ご飯にならないし、あれを2個食べる気はしない。あれは、いったい誰のためのどういう意図の食品なのだ?とずっと思っていたわけです。ハンバーガーというのは、モスバーガーやフレッシュネスバーガーで売っている、ああいうものだろうと私は思うわけです。世の中がまともになることを、心から期待する次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

国債は無制限に発行できるのか、デフォルトは起きないのか?

 昨日は、用事で抜けてた時間を挟んで断続的に「日本は無制限に借金できるのか?すなわち増税なしに必要な財源を国債で調達していてデフォルト起きないのか?」をTwitterで議論していいました。結局、成長戦略が必要といった部分では完全に同意見なものの、日本が無制限に借金できるのか?について結論出ませんでした。相手の方は、日本はデフォルトしないんだから、増税は全くしないで、経済成長に必要な財源はどんどん国債発行で賄って、それで景気を良くすればいいという考え。ま、オブチノミクスを思い出さないでもないですね。

 でも、無制限に借金したら、その利払いだけで、財政が圧迫されちゃうと思うんですね。500年くらいかけてゆっくり返せばいいという部分は私も同意で、企業にころがしの借り入れがあるのと同様に、ころがしの国債があっても良いとは思うので。でも、その残高が例えば1計円まで行ったら、利払いだけで100兆円だもんね。国、地方、特別会計を含めた国債費以外の国民に届く財政支出が210兆円、そのうち社会保障費が110兆円に利払い費が100兆円上乗せですか?みたいな。
 ただ、その国債の所有者がすべて日本国内の人であるなら、100兆円の利払い費は、その持ち主に流れるので、100兆円の利子所得を得る人がいるのも確か。だから、経常黒字が前提で、国債が国内で消化しきれているのであれば、国債がいくら膨らんでも良いのかもしれません。しかし、今は、経常赤字です。
 となると、やはり無制限に借金はできないのではないかと思うのですが、この疑問点に答えを持っている人がいたら、ぜひ、お知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »