« 医療費を消費税の課税取引にすると | トップページ | 安倍首相を考える »

2014年6月 7日 (土)

やはり軽減税率は駄目だ!

 知人がTwitterでこんな発言をしていました。
「軽減税率じゃなくて、加重税率(仮)とかにして、何を20%台に乗せるかを考えたほうがよっぽどスリリングで建設的な議論ができるんじゃないかな。」
 で,「なるほど,面白い。ただ,欧州のVATも日本の消費税も物品税に対する反省から生まれたんですよね。」と返したところから,頭が働きだしました。

 何を軽減するかという時には,必需品を想定します。何を加重するかという時には,贅沢品とかあまり普及してほしくないものを想定します。しかし,そういった品目で,消費税率を1%引き上げた2.5兆円の増収に匹敵する個別課税品目を見つけるって,なかなか難しいと思います。

 軽減税率の逆の過重税率品目って,思い浮かびますか? それって,物品税の復活だし,環境に負荷がある自動車などはすでに重量税,取得税,自動車税と3つも税目がある。タバコにはたばこ税,お酒には酒税がある。覚せい剤を解禁して個別消費税率500%とか,あり得ないですよね(笑)。物品税の反省というのは,高級品や贅沢品に物品税をいろいろな税率で課税していて,そのうち,物品間の整合性が取れなくなったり,その物品が時代の流れで陳腐化したという部分にあります。また,制度が複雑になったという反省があります。

 かつて,物品税はレコードにも課されていました。しかし,童謡は,非課税でした。で,黒猫のタンゴ,およげたいやきくんは,歌謡曲なのか,童謡なのかという議論が巻き起こるわけです。ちなみに黒猫のタンゴは童謡で,たいやきくんは歌謡曲とされたのだそうで。
 さらにCDが誕生した時,CDは普及させるべきだから非課税にするのか,いやレコードと同様に高級品,嗜好品として課税にするのか?などとややこしいことになるわけです。

 という物品税の反省をしながら,特定の品目に加重税率を掛けたらどうか?という検討をしてみると,その逆の特定の品目の税率を軽減するという議論がいかにアホであるかがわかると思います。だって,特定の品目を軽減するということは,それ以外の品目に加重税率を設定するのと同じだから。だから,軽減税率なんか,導入したら駄目なんです。

|

« 医療費を消費税の課税取引にすると | トップページ | 安倍首相を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/59776405

この記事へのトラックバック一覧です: やはり軽減税率は駄目だ!:

« 医療費を消費税の課税取引にすると | トップページ | 安倍首相を考える »