« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

やはりわからないNHKの受信料

 NHKの経営委員の長谷川さんが受信料の支払い拒否をしていた過去があったということで問題になっていますが、そろそろ受信料の集め方について、きちんとした抜本改正をしないといけないのではないでしょうか。規約を読んでもわからないし、「よくある質問集」(http://www.nhk.or.jp/faq-corner/03jushinryou/02.htm)を見ても、納得いきません。

 例えば、次の2つ質問と答えは矛盾していないでしょうか。
Q 1世帯で2台以上テレビを設置している場合も、受信契約は1件でよいのか
A (略)また、単身赴任の方やひとり暮らしの学生の方は、それ自体が本宅や実家とは別の世帯になりますので、それぞれに受信契約が必要です。
Q 「2世帯住宅」の場合は世帯ごとに受信契約が必要なのか
A (略)なお、母屋とは別にある同一邸内の隠居所などで生計をともにする場合も、同一の世帯に属するひとつの住居とみて、必要な受信契約はひとつとなります。

 単身赴任や一人暮らしの学生は、夫婦や親と生計を一にしています。しかし、住まいの場所が違うから、受信契約が必要だということに思えます。では、2世帯住宅は住まいは1つだから受信契約は2つの世帯でも1つでよいのに、隠居所など別棟になっていても、1つでよいと書く。隠居所と単身赴任の住まいはどう違うのか。

Q 1世帯で同じマンションに2部屋借りている場合の受信契約はどうなるのか
A アパート、マンションの同じ棟の中の2つ以上の部屋を、ひとつの世帯が住居として使っている場合には、その複数の部屋の全体がひとつの住居であるとみなして、受信契約はひとつでよいことになります。

 このQ&Aでさらにわからなくなります。マンションという1部屋が1つの家を構成するものを2つ借りている場合、もしかすると、フロアが別かもしれません。マンションが狭くなったから、同じマンション内の別フロアに子供の勉強部屋を確保しても受信契約は1つでよい。しかし、同じマンション内には部屋がなくて隣のアパートに勉強部屋を確保したら、最初のQ&Aの「一人暮らしの学生」の扱いになるのでしょうか?

 世帯に徴収をするのか、建物ごとに徴収するのか、そのあたりの区分がこのQ&Aからは見えてこないのです。

 租税と同様に「公共の電波」のために国民からお金を取る、すなわち国とか地方とかに準じる公共のために個人の懐に手を突っ込むという意味では、憲法が保障する財産権へのチャレンジであるわけです。憲法第29条には「財産権は、これを侵してはならない」と定めています。租税については第30条で「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ」と定められており、さらに第84条に租税法律主義「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。」があります。

 NHKの受信料は、放送法に基づいて、さらに総務大臣が認可した日本放送協会受信規約(いわゆる受信契約)によって受信料を徴収するわけですが、上記のようなQ&Aの混乱具合を見ると、果たして受信契約にはどう書かれているんだろう?と思うわけです。あえて受信契約を見ないでこのブログを書いているわけですが(3月15日まで繁忙期なんです)、受信契約から上記のQ&Aの結論が当然のように導けるのだという説明ができる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、コメントを頂戴したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

Windowsや業務ソフトのバージョンアップ

 4月から消費税の税率が8%になり、Windows XPのサポートも終了するわけですが、皆様のところでは対応は完了していますでしょうか? うちの事務所でも3月から4月をまたぐ際の売上計上についてのご相談などを受けたりしておりますが、パソコンのハードウェアの変更についての相談は、あまり来ません。会計ソフトの変更についてのご相談もあまり活発でないという印象が。それで心配になって、このブログのテーマとなりました。

 従来の市販の会計ソフト、例えば、弥生会計、PCA会計、勘定奉行といったソフトはすべて最新か直前のバージョンにしていないと8%の消費税には対応していません。弥生会計は毎年のようにバージョンアップして、今は弥生会計14です。しかし、いまだに弥生会計06といった8年前のバージョンを使っているお客様もいらっしゃいます。弥生からの案内を見ると、バージョンアップ料金の対応は弥生会計07からとなっており、06の場合には、新規購入となってしまうようです。しかし、平成18年の会社法改正時に株主資本等変動計算書を出力するために06にして以降、何もしていないと、そういうことになります。

 新規で購入になろうが、バージョンアップで対応であろうが、変えなければならないものは変えていただかないと困ります。少し技術的な話になりますが、会計ソフトの中で消費税の5%、8%の区分は、消費税コードによって行います。そのため、お客様側で古いソフトで4月以降分も消費税5%のコードで入力していると、そのデータをいただいた私たちは、そのデータをいったんテキストデータに吐き出して、4月以降の取引だけ切り分けたうえで、消費税コードを5%のものから8%のものに置き換える作業をして、この修正後のテキストデータを再度、会計ソフトの期首残高だけにしたファイルに読み込ませてうまくいくかどうか・・・?という作業をしなければなりません。あるいは、8%対応のソフトに読み込んだうえで、4月以降の取引を1件ずつ呼び出して消費税コードを修正しなければなりません。これらの方法も相応に時間がかかりますが、それでうまくいけばよいのですが、うまくいかなければ、8%対応のソフトで新たに入力し直すようなことをすることになります。

 このように会計ソフトでも消費税対応は必須なのですが、業務用のソフト、例えば納品書や請求書を発行するための販売管理ソフトや発注から検収、支払いまでを管理する購買管理ソフト、レジスターなども8%対応が必須です。1万円買ってもらって、10,500円のレシートを出力したのでは、10,800円もらうことはできません。あるいは「10,800円(うち消費税514円)」などと印字されてもおかしなことになりますね。

 また、今年の4月から領収書に貼る印紙も従来の3万円以上から、5万円以上へと税制改正があります。こうした改正も従業員に周知徹底しておかないと会社が損をすることになります。また、お客様と話をしながら、「で、この本体価格に消費税が乗るので」と言いながら電卓の税込ボタンをポンと押すような商談をする会社では、電卓の税率変更を3月31日の帰社前に忘れずにやりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

伊福部昭,生誕百年紀コンサートシリーズVol.1

 少しブログの更新をさぼっていたら,2014年最初の投稿が2月になってしまいました。

 

2月1日にタイトルのようなコンサートに行ってきました。ゴジラの音楽を作った人として知られる作曲家,伊福部昭の生誕100年を祝ってのコンサートです。

 曲目は,オリジナルスコアから復刻した「銀嶺の果て」組曲,「国鉄」関連映画組曲,「ゴジラ」組曲,「海底軍艦」組曲,「地球防衛軍」組曲が演奏されました。

 「銀嶺の果て」は,戦後早々の映画であり,伊福部昭の映画音楽の最初期のもの。国鉄関連映画というのは,国鉄を題材にしたドキュメンタリー映画で,特急つばめを題材にこの列車に関係して働く人々のドキュメンタリーや雪国での雪との戦いを描いたドキュメンタリーなどです。いずれも大自然と戦うという意味では,底流のモティーフはゴジラなどと変わらないと言えます。自然の脅威に対して人類が開発した機械(ロータリー除雪車とかゴジラと戦う戦車とか)が立ち向かうというところが大事なのだと思います。

 メインタイトルなど後年いろいろな形で演奏されたものを除くと,モノクロ映像,モノラル音源でしか聞けなかった昭和29年のゴジラの音楽が生のオーケストラで聞けたのは,非常に良かったです。また,後半の海底軍艦と地球防衛軍も大迫力でした。演奏したオーケストラ・トリプティークは,プロオーケストラのメンバーによる編成で,指揮者の斎藤一郎は,セントラル愛知交響楽団常任指揮者で割と関西方面での活躍が多い印象で,初めて聞きましたが,なかなかの好演。オケのメンバーにとってレパートリーではない曲で,変拍子が多いという伊福部作品なので,明確な指揮を意識しているように思えましたが,いろいろな場所に「こうやりたい」という意思が見え,非常に良かったです。SF交響ファンタジーの演奏などでも,初演時の汐澤さんより後年の広上淳一の演奏の方が圧倒的に良いように指揮者による差が出る作品だと思っていました。斎藤一郎の音楽作りはとてもよかったと思います。アンコールとして演奏された「ゴジラ対メカゴジラ」組曲も非常に良かったです。

 伊福部昭は,映画音楽だけのきわものではなく,現代音楽の作曲家であるわけで,今年の間には,「ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ」なども演奏されます。私としては,「交響譚詩」を生で聞いてみたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »