« 半沢直樹とコンプライアンス | トップページ | 消費税経過措置への疑問 »

2013年10月 2日 (水)

登記簿謄本の郵送入手の仕方

 2008年に「登記簿謄本の郵送入手の仕方」という記事を書きまして、この記事自体は、今でも「登記簿謄本 郵送」みたいなキーワードで検索すると最初の1面に出てくる大ヒットコンテンツなんですが、本日、もっと便利な郵送入手の方法を体験したものでご紹介です。

 まず「登記・供託オンライン申請システム」へ行きます。ここで、「かんたん証明書請求」というメニューを選びます。ただし、始めての場合、左側の「申請者情報登録」をしてからということになります。IDを取得してしまえば、「かんたん証明書請求」のボタンを押して、IDとパスワードを入れると、「証明書請求メニュー」が出てきます。ここで、不動産、商業・法人、動産譲渡、債権譲渡の手続の中から、目的の登記簿を選択します。普通は、不動産登記簿か商業・法人でしょう。会社の登記簿を取りたい場合「商業・法人」のところの「交付請求書(登記事項証明書)」を選択して、会社名等で検索をして、欲しい会社の社名が出てきたら、選択して「確定」ボタン。こうした作業の後で、ペイジーでネットバンキングで500円の取得手数料を支払えば、あとは郵送してくれるのみです。

 私の場合、昨日の15時半ころに手続をしたら、速達にしたわけでもないのに、今日の午前中の郵便で登記事項証明書が到着しました。申請書を郵送するような手間もないのですから、ネットバンキングができる人は、絶対これが便利だと言えます。

 そうそう、途中で「信頼済みサイトへの登録が完了しているかどうかの確認作業や、ポップアップブロック機能の設定が求められたりといった作業が必要です。前者は、ブラウザの「ツール」→「インターネットオプション」→「コンテンツ」→「証明書」→「信頼されたルート証明機関」とクリックしていき、「Japanese Government ApplicaitionCA」の証明書がインストール済みであるかどうかを確認する手続、後者は、ポップアップがブロックされた時の対応で、いずれも説明画面が用意されています。

 ということで、1度、成功したら、あとはIDとパスワードさえ忘れなければ、非常に便利です。ぜひ、ご利用ください。

|

« 半沢直樹とコンプライアンス | トップページ | 消費税経過措置への疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/58307486

この記事へのトラックバック一覧です: 登記簿謄本の郵送入手の仕方:

« 半沢直樹とコンプライアンス | トップページ | 消費税経過措置への疑問 »