« ソーシャルビジネスで働くということ | トップページ | 「公」という概念について »

2013年8月13日 (火)

心遣い

 うちの事務所に毎週火曜日に来て、1時間半ほどのお掃除をする人を頼んでいます。おかげで、事務所のスタッフは、トイレ清掃とかしないで済むわけです。で、その掃除のおばさま、先週の火曜日は夏休みということで、清掃は1週空いたのですが、今朝、「先週はお休みをいただきまして。これ、少しですが、旅行のお土産です。」ってお土産をいただいちゃいました。

 時給でいくらもらっているんだろうか。お土産持ってきたら、うち1回分の給与の半分がなくなっちゃうんじゃないだろうか。恐縮しちゃいます。でも、こんなブログ書いているくらいだから、この方が担当している限り、このお掃除会社との契約を切ることはないと思います。

 もしかして、休暇を取る人に「お土産手当」なんて支給している会社だったらすごいけど、まさかね。60歳はとうに過ぎている、いや70歳前後の人だから持っている日本的な良さなのかな?と思ったりしますが、「損して得取れ」とか「情けは人のためならず」ってこういうことかなと思ったりします。

 ご本人には、私からもお礼を言いましたが、こういう方を雇っている会社の名前を、ここで出しておくことにしましょう。株式会社ベアーズさん。たぶん、御社が素晴らしいのではなく、このおばさまがすばらしいのだと思いますが、そういう人を雇用できている縁を持っていることを称賛してあげようかと。念のために添えておきますが、うちの顧問先ではありません(笑)。

|

« ソーシャルビジネスで働くということ | トップページ | 「公」という概念について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/57982675

この記事へのトラックバック一覧です: 心遣い:

« ソーシャルビジネスで働くということ | トップページ | 「公」という概念について »