« 2人の韓国人演奏家 | トップページ | 外れ馬券の必要経費性 »

2013年6月18日 (火)

都議会選挙ですね。

 うちは、地下鉄の駅の出口すぐの場所に事務所があるので、朝夕は選挙演説を候補者がやっています。

 候補者の方の主張。「安倍政権が狙っている原発再稼働に反対します。わが党は原発の建設にずっと反対してまいりました。クリーンなエネルギーで・・・・」とやるのは良いのです、意見なので。でも、主張に伴うリスクを述べない。これまでの計算が正しかったかどうか?という大問題はあるものの、原発は8円程度で発電できるから今の電気料金の水準になっているわけです。もし、他の代替発電手段に絞り込みましょうということであれば、発電コストは上がることになります。さらにまだ使える原発を廃炉にするコストも誰かが負担しなければなりません。電気料金に上乗せしますか? それとも国が負担するのですか? でも、国って、イコール我々であり、要は税金で負担するのですね。そのコストの部分を述べずに、「わが党は原発に反対します。」と言われても、中身がある主張には感じられません。

 この政党は、本来、頭の良い人たち入っているんだと思います。なぜ、こういう空理空論を話すのかが理解できないのです。体裁の良いマニフェストに票を入れて、裏切られた経験を持つ日本国民だからこそ、「原発は怖いけど、電気料金を上げたくないから、再稼働しかないでしょ」という一部の党の主張(主張はしてないけど、そう考えてますよね)の方が、素直に納得できてしまいます。どうして「原発は廃炉にしましょう。その結果、電気料金は上がります。そこはすべて税金で負担して、その財源は、×××で作り出します。」といった説明をされないのでしょう。財源の話をしないどころか、その党は、「消費税の増税に反対します。」とも言っていて、年間1兆円ずつ増えていく福祉財源をどうするのか、まさか彼らが福祉を削るとは言わないでしょうから、財源論のない消費税増税反対って、空理空論以外の何物でもないように思います。なぜ、優秀な人たちがそういう主張をするのでありましょうか。

 これって、政界七不思議だと思うんですよね。

|

« 2人の韓国人演奏家 | トップページ | 外れ馬券の必要経費性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/57618228

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会選挙ですね。:

« 2人の韓国人演奏家 | トップページ | 外れ馬券の必要経費性 »