« 日本版ISAについて | トップページ | 少額投資非課税制度 »

2013年4月28日 (日)

「社会を変える」を仕事にする

 今頃読んだの?とか言われそうですが、NPO法人フローレンスの駒崎弘樹さんの「社会を変えるを仕事にする」(ちくま文庫)を読み終えました。何カ月も前から自宅に置いてあり、休日に外出するときに持ち歩いて少しずつ読んでいましたが、とうとう読了です。

 ま、みなさんもご存じの病児保育のパイオニアなので、その内容には触れませんが、本の末尾に注釈のように書いてあるソーシャルビジネス用語集みたいなのが良かったです。P.267のCICなどは、!でした。以前から会社法の中に「配当をしないと定款に書いた会社をNPOと定義してもよいのではないか」と思っており、Facebookの中の「ビジネス創造フォーラム」でも書いたことあったかもしれません。イギリスにそういう制度が導入されていたんですね。研究してみたいものだと思いました。

 そして、P272~273の「非営利」の説明。今までの私の発言は、ここをパクって言ったんじゃない?と思われちゃいそうなくらいきれいに私の考えと一致です。そのまま引用しておきます。
------
「NPOは儲けてはいけないのですよね?」という誤解が一般化しているが、「営利」とは団体の利益を構成員に分配することを意味し、「非営利」とは、団体が利益をあげてもその利益を構成員に分配しない「利益の非分配」を意味する。営利組織である会社は、株主(構成員)が出資して会社を運転し、あがった利益を株主に配当するしくみである。この配当に当たる部分が「営利」であり、会社は株主から見て「営利団体」である。それに対してNPO、構成員(会員)が会費や寄付金を拠出し、それをもとにNPOが事業を行って利益があがっても、それを構成員に分配しない仕組みである。つまり、構成員にとってNPOは「非営利団体」である。営利・非営利は、その団体の構成員からみた団体の性格を示す用語である。
 ちなみに「儲けていないから非営利」ということであれば、日本の企業260万社の約7割は赤字なので(国税庁会社標本調査より)、日本は非営利団体ばかり、ということになる。
------

 このほかにも「フルコストリカバリー」とか、そうなんだよ!と叫びたくなる用語説明が入っています。「ソーシャルビジネスって何?」という人のための絶好の教科書だと思います。

|

« 日本版ISAについて | トップページ | 少額投資非課税制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/57264518

この記事へのトラックバック一覧です: 「社会を変える」を仕事にする:

« 日本版ISAについて | トップページ | 少額投資非課税制度 »