« 藤井聡 著「維新・改革の正体」(産経新聞出版) | トップページ | 経済成長をもたらすためには? »

2013年2月28日 (木)

嫡出子と非嫡出子

 今朝の新聞では、最高裁が嫡出子と非嫡出子の間にある法定相続権の差は、区別ではなく差別なのではないか?という観点で民法を見直す判断をするのではないか?という記事が出ています。
 
 嫡出子は、夫婦の間から生まれた子、非嫡出子は愛人など夫婦関係外のところで生まれた子であり、非嫡出子の法定相続分は、嫡出子の2分の1となっています。この規定が法の下の平等を定める憲法に違反するのではないか?という判断です。
 
 社会としてきちんとした結婚を推奨し、愛人やらなにやらというのは婚姻制度に対する敵であるという観点もある半面、そのモラルを促進する制度として法定相続分に差をつけるのが妥当か?という観点もなるほどと頷くものがあります。
 
 で、本日の主題は、そこの是非ではなく、税理士として気になるのが顧客の相続時の問題。今、相続が発生するようなオーナー社長の場合、そこそこの確率で愛人がいたように聞くことがあります。あるお客さんで、財産は土地と自社の株しかないのだけれど、そして、それぞれ家業に使っているため分けようがない。その状況で、「うちのおじいちゃん(お父さんのこと)、遺言書を書いてあるらしいんだけど、まだ、余分な土地を切り売りする前に書いたものだと、愛人にいくらか渡すような遺言になっていたらどうしよう」とか心配しているという話があったりします。
 
 なんて破廉恥な!とか思う方もいると思います。しかし、気持ちを「三丁目の夕日」の頃の鈴木オートの社長の街に移してみてください。昭和33年、東京タワーができる頃です。戦争から13年。戦争未亡人もいれば、そもそも男性が少なくて結婚しそこなった女性もいるはずです。終戦時に15~35歳くらいの女性は、そういう状況にあったと思います。当時は、男女雇用均等法なんてありません。女性が働くというイメージもなかった。映画「三丁目の夕日64」では、ろくちゃんが結婚しても鈴木オートで働けばいいじゃない!「これからはそういう時代よ」と薬師丸ひろ子が語る場面がありますが、まさにそんな時代。独身の女性がどうやって生きていけたのか? 一種の社会福祉として妾、愛人が機能していたことは否定できない事実です。「たまにやってくるおじさんが持ってくるお金のおかげで、大学まで出られた」という子供もいたはずです。
 
 イスラム教の一夫多妻制も、マホメットの時代、相次ぐ戦いの中で男性が少なくて、厳しい戒律の中で稼げない女性を社会制度として救うには一夫多妻制を認めるのが必然だったという解説を読んだことがあります(岩波新書だったかな「イスラーム」というタイトルだけど20年以上前のことなので)が、社会にニーズがある時にそういう現象が起きるという側面があります。現に、現代日本にはそういうニーズはないから、愛人なんてとんでもない、そもそも結婚すらしないという雰囲気になっているわけです。そう、念のために言っておきますが、愛人を作ることや妾を持っていた時代やそのモラルを肯定しているのではなく、単なる事実の認定として書いております。
 
 といった諸現象の中で、90歳くらいのオーナー社長経験者の場合には、お妾さんがいるかもしれない、認知した子供がいるかもしれないということで、もし、民法が改正されたりすると、相続時に知らない相続人が登場して、しかも嫡出子である後継経営者やその兄弟と同じ額の相続権を主張するといったトラブルが勃発するのかなぁ・・・などと考えたのでありました・・・というお話であります。

|

« 藤井聡 著「維新・改革の正体」(産経新聞出版) | トップページ | 経済成長をもたらすためには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/56856745

この記事へのトラックバック一覧です: 嫡出子と非嫡出子:

« 藤井聡 著「維新・改革の正体」(産経新聞出版) | トップページ | 経済成長をもたらすためには? »