« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月 8日 (火)

消費税の軽減税率について

 1月6日の日本経済新聞朝刊の2面に公明党が消費税の増税に関して軽減税率を求める方針だという記事が出ています。それによれば、8%になる2014年の段階で、一部の食料品や新聞に限定して導入し、15年10月の10%になる時点で拡大するというものです。「軽減税率の対象品目を8%段階ではコメや味噌、野菜など一部の食料品や日刊紙に絞る案を示す」とされています。
 
 一部の食料品に絞れば簡単なのでしょうか? 一般にはインボイスを導入しないと複数の税率は対応できないと言われており、ヨーロッパでも入っているのに、それなしに導入できるのでしょうか。コメとは何か。おそらくコシヒカリやササニシキは軽減税率でしょう。では、餅や煎餅は軽減税率でしょうか。米粉パンはどうなりますか。日本酒は生活必需品でしょうか? 日本酒は、嗜好品だけど「みりん」はどうでしょう?「蒸したもち米に米麹を混ぜ、焼酎または醸造用アルコールを加えて・・・」作るんですよね、みりんって。
 
 さらにコメの農家は、耕運機や脱穀機を買う際に10%の消費税を払うのにコメの代金には8%しか乗せてもらえないので、農家が免税業者だった場合、利益が減ってしまいます。じゃ、米農家が買う農業機械だけは8%の軽減税率にして、普通の野菜農家は10%にしますか?・・・などなど、消費税の影響は多段階に及ぶので、実に難しい。そんな難しい制度をあと1年3か月後の8%時点で導入しようというのでしょうか。政権政党としてあまりに無責任だと思います。
 
 さらに、なぜ日刊紙も軽減税率なのでしょうか。本来、年間所得1000万円以上の人が日本経済新聞や業界の新聞を読んでいても、それは必需品ではあっても消費税アップで困る人たちではない。年間所得が低い人たちは、とっくの昔に新聞の購読は止めているのではないでしょうか? そんなことを考えると、公明党のバックに創価学会があり、そこの新聞が聖教新聞だから?などと勘繰ったりしてしまいます。別に創価学会を批判する気もないし、聖教新聞も結構ですが、それを公明党が言い出したら、政教分離とかそういった観点から不安になります。政権政党はそういうことを自ら言い出してはいけないです。
 
 食料品の軽減税率と言っても、安いコメを買う人もいれば、魚沼産コシヒカリを倍の値段で買う人もいる。100g200円の合挽き肉を買う人もいれば、100g1000円のフィレ肉を買う人もいる。軽減税率を適用するということは、ぜいたくな食品を購入する人にまで軽減の恩典を与えるという意味では、バラマキ税制なのです。そして、これをすることで何兆円もの税収が減るから、本則税率をもっと高くしなければならなくなる。まさに麻薬のような逆進性対応策が軽減税率だと思います。だから、ヨーロッパ諸国の財政学者や税制専門家は、軽減税率を入れるべきではなかったと反省しているのが、現状です。そして、単一税率で非課税品目も極力限定した形でスタートしたニュージーランドやカナダのGSTと呼ばれる付加価値税が理想だと言われているのです。日本もこれに近づいた方が良いと思う次第。
 
 今、0%の軽減税率を適用されているともいえる医師会(医療費は非課税ですから)は、医療費を課税品目にしてくれ、あるいは非課税ではなく0税率にしてくれと要望しています。なぜなら、収入は消費税無し、支出は消費税ありで、そのしわ寄せに耐えられないからです。軽減税率を導入するということは、この医師会が感じている矛盾点をあらゆる業界にばらまくということでもあります。
 
 みなさんもよく考えてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

社長の報酬はいくらにすべきか

 日経トップリーダーの1月号で堀場製作所の堀場雅夫さんが「社長が高い報酬をもらうのは責任の重さが違うからだ」と書いていました。社長である自分の報酬は、当然社員に払い終わって残った中から取る。だから、創業から5年ほどは給与を取れない月もあったそうです。で、安定してきてからは、たくさんとるようにした。「わしがおらんかったら堀場製作所の利益は今の5分の1も出ない。利益の数%を取るのが何で悪い」という論理のようです。

 私も顧問先に対して、その社長が一流大学卒なら「大学の同窓生は、たとえば銀行や商社に入ったら、30代,遅くとも40歳には年収1千万円になっていますよね。それならリスクを取って起業して利益が出ていたら1千万円以上役員報酬を取っても悪くないでしょう。失敗したら、会社の借金に連帯保証しているから自宅まで取られちゃうんだもん」と言ってきました。

 堀場さんは、利益などの算出根拠が大事といいます。堀場製作所では、1974年に上場した際に税引き後利益の6%が役員賞与、30%が配当、社員の賃金は付加価値の60%というルールを作ったのだそうです。中小企業でも、税引き後利益の20%は翌年の役員報酬の増額に充てるといったルールを作るのも手かもしれません。税理士がよくやる会社と個人での法人税、所得税等の合計額をミニマムにするという基準とはぜんぜん離れてくるのですが、それが本筋だという気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

年末年始のクラシック音楽

 お正月でいろいろな音楽番組があり、これをまとめて感想など。こういう時に書いておかないと最近はフェイスブックに気軽に書いてしまって、このブログの更新が疎かになりがちな気がしますので。

 まず、生中継の放送を生で見た東急ジルベスタ―コンサート。最初に金子三勇士というピアニストがリストの「ラ・カンパネラ」を弾いたのですが、なんか音楽が流れていない、テンポ感が不自然に動かされているような気がしました。いわばフジコ・ヘミング以上に壊れているというか・・・。宮本笑里のチャールダーシュは、ジプシー風を出すためのずり上げる音の取り方がちと気持ち悪かったです。で、恒例のカウントダウンは、エルガーの威風堂々でしたが、最初が少し早目のテンポ、途中で普通のテンポ、59分30秒からの10秒間は、テンポ落としたかな?という感じでしたが、見事に0時ジャストに演奏が終わりました。企画ものだからこれでいいんですね。昨年は、2~3秒早く終わって、恐怖の間が空きました。今年は、ぴったりできっと緊張していた女性アナウンサー、見事に終わって涙ぐんでおりました。

 1日の夜のニューイヤーコンサートは、フランツ・ウェルザー・メストの指揮。私は、名前は知っていたものの初めて見ましたが、なんか、マーラーに似ていますね。100年前、マーラーはあんな風にウィーンフィルを指揮していたのかな?などと想像してしまいました。ちゃんと生誕200周年のワーグナーもヴェルディもプログラムに織り込んでおりました。

 2日になって、録画していた「らららクラシック」の大みそか放送を観ました。ピアニストの牛田くん、ピアノの演奏はもちろんですが、あの受け答えや立ち居振る舞いのしっかりしているところがびっくりです。あと、若いころ好きだったロリン・マゼールのチャイコフスキーも流れておりましたが、「この人、歳を取って枯れてきたらどういう演奏をするのだろう」と思っていたものですが、歳を取っても若いころとあまり変わらないような気もしつつ、少しアバウトになったような気もしつつ。

 で、本日、年末に放送されたノリントン指揮のN饗の第9を観ました。1~2楽章は、こういう小ざっぱりしたベートーヴェンもいいかな?と思いましたが、第3楽章は、天上の美しさの曲を現世の美しさに引き戻したかな?という感じですね。1番から8番までの交響曲は、こういうアプローチでもよいけれど、第9はロマン派の世界に突入している作品だと思うので、やはりピュアトーンじゃ駄目なんじゃないかなと。ちなみにコントラバスを真後ろに並べるような楽器の配列などは、ベートーヴェンの時代を再現しているんだと語っておりましたが、独唱者は、左後ろに並べておりました。ベートーヴェンが指揮をした初演の時には、耳が聞こえないため観客の大喝采に気づかないベートーヴェンを独唱者のウンガーが袖を引っ張って教えてあげたというエピソードが本当なら、独唱者は指揮者の脇に並べないといけないんじゃないですかね。

 ま、ティンパニに大きな表現を求めるなど、聴いていて面白いとは思いますが、ま、たまに目先を変えようよ・・・という感じのアプローチなのかなと思ったりします。いや、嫌いとか否定するというわけではないんですけどね。ま、毎朝、納豆ごはんが続いている中でたまにトーストとコーヒーの朝食もいいよねという感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »