« 労働市場への素朴な疑問 | トップページ | 雇用ということに関して »

2012年11月27日 (火)

電子債権

 日経新聞のトップに電子債権の利用が広がるという記事が出ていました。電子記録債権法という法律を活用すると、従来の手形を電子的なものに移行できるという仕組みです。すでに三菱東京UFJ銀行は、「電子手形」という愛称を使って同行のトップ企業に振り出しを認めるような形で動いており、みずほ、三井住友も手形の代用をメインの目的かどうかは別として運用を始めています。記事によれば、トヨタ自動車も使い始めているそうなので、自動車産業は裾野が広いので多くの企業が利用し始めているのでしょう。また、全銀協では「でんさいネット」という仕組みを開発中で、順調に進めば今年度末までに運用開始を見込んでいるということです。こうした実際の動きと近い将来の大きな動きを織り込んで作られたトップ記事なのかな?と思います。

 手形が電子化されると、従来、裏書をして譲渡したりする場合も手形の券面額で譲渡なので、不自由な面がありましたが、電子債権だと自由に分割して譲渡できます。そのため、100万円の「手形」をもらったら、外注先A社の代金30万円のために譲渡し、B社の代金50万円のために譲渡し、残り20万円は、満期まで持っていて振り込まれるのを待つという使い方ができます。これだけでも手形の素晴らしい進化だと思います。

 なお、監査をするにあたっては、従来、手持ちの手形を実際に数える「手形実査」という手続を公認会計士はしてきました。今度は、売掛金などと同様に「残高確認」を実施するようになります。三菱東京UFJ銀行のシステムでは、それができるようになっていました。みずほや三井住友も同じようになっているのだと想像されますし、でんさいネットもより広い範囲でのインフラ的制度なので、運用開始時にそういった仕組みも搭載されているのでしょう。

 新しい金融インフラがスタートするわけで、うちの顧問先でお目にかかるのはいつになるのか、今から楽しみにしています。

|

« 労働市場への素朴な疑問 | トップページ | 雇用ということに関して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/56200941

この記事へのトラックバック一覧です: 電子債権:

« 労働市場への素朴な疑問 | トップページ | 雇用ということに関して »