« 大企業でも原価計算は重要です | トップページ | 株式会社の社会保険への加入 »

2012年9月13日 (木)

原価計算の本を書いた理由

 下記のように原価計算の本を書きました。

 「ゼロからはじめる原価計算」総合原価計算編と個別原価計算編

 昨年の11月だと思いますが、日本政策金融公庫の「調査月報」2011/12が手元にありました。その中で「管理会計システム導入の促進要因と阻害要因」という論文がありました。
 この論文は、企業再生のコンサルをしている稲垣靖という人が4例の企業再生に関わった中で、この4社がいずれも「原価計算」「月次損益計算」「キャッシュフロー計算書及び計画書」の作成が行われていなかったと指摘し、それら管理会計をどうやって導入して、再生をした結果、再生計画が達成されたのかを述べた文章です。

 この管理会計3点セットを実施した結果、自社の問題点を認識した2社はスムーズに業績の改善を図ることができ、業績悪化の原因は市場の縮小やライバル企業の過度な値引き販売など外部にあるとした2社は再生計画が達成できなかったというものです。

 その中で見捨てておけなかったのが次の記述です。「事例企業の4社においても、顧問税理士事務所に管理会計導入の支援を打診したところ、税務面での知識やノウハウはあるが、導入の指導や助言はできないという理由で支援を得ることができなかった。そのため、4社ともに、支援が可能な税理士事務所への変更が行われたのである。」というのです。

 それなら、税理士が使える原価計算の本を書けば、こうした企業で税理士が捨てられることも減るかもしれないと思いました。あるいは、原価計算の指導ができず、かつ原価計算の本を読んで原価計算を身に着けようとも思わない税理士がいるなら、原価計算の本を書けば同じ税理士として差別化ができると思いました。努力しない人は、捨てられても仕方ないですから。

 今の顧問料の水準は、全般に安くなっていますから、今の顧問料のままで原価計算の指導をしてくれと言われたら私だってお断りするしかないですが、「このままでは潰れる、無事に事業再生できたら顧問料を増やします」といった願いがあれば、いくらでも協力したいと思います。

 その直後だったんですね、中央経済社の方が事務所にお越しになって、「何か著書を書かれる企画はないんですか?」と尋ねられたのは。そんなところから、トントンと話が進んで、無事、原価計算の本が出来上がりました。実務家向けに、実務で使うところに絞り込んだ本にしたつもりです。

|

« 大企業でも原価計算は重要です | トップページ | 株式会社の社会保険への加入 »

コメント

大変ご無沙汰です。

『ゼロからはじめる原価計算』、著者名に惹かれて購入しました。

ターゲットが絞られているので実に明快です。

慶應義塾 友岡

投稿: 友岡賛 | 2012年10月11日 (木) 18時45分

友岡先生、ありがとうございます。実務家なので、学問的には深みはないですが、現場には必要だと思って書きました。会計史的には、原価計算は戦時中に一番発展したのだと思っていますが、それが戦後の経済成長を支えるインフラの1つになっていたと私は思っています。昭和37年の原価計算基準以来、日本の原価計算が止まっていることも今の20年低迷の要因なのではないかとまで妄想を。

投稿: 佐久間 | 2012年10月12日 (金) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/55649388

この記事へのトラックバック一覧です: 原価計算の本を書いた理由:

« 大企業でも原価計算は重要です | トップページ | 株式会社の社会保険への加入 »