« 学生向け協奏曲の作曲家たち | トップページ | 薬価の原価計算 »

2012年8月 8日 (水)

原発の原価計算

 今朝のNHKラジオの中で、金子勝教授が「原発には減価償却不足がある。」という発言をしていました。どうも事故などで運転を停止している間は、原発の減価償却を止めているという趣旨のようです。だから、40年経っても減価償却が終わっていない、それゆえ古い原発でもなんでも運転再開を望んでいるというような趣旨に聞こえました。たとえば、東電の柏崎刈羽原発の名前なども上がっていました。

 この話の真偽は確かめていませんが、そうだとすると原発の減価償却は、一般企業の機械装置などの減価償却とは異なるルールで行われている可能性があり、その結果として電気料金算定の総括原価による原価計算、その結果の電気料金すべてが安めに算定されているということかなと思いました。

 原発は発電コストが安いというけれど、ルールが普通ではないならばその定義自体がおかしいし、原発のメンテナンスコストなども負担しながらの電気料金計算が正しいのか、思い切って原発のメンテナンスコストも廃炉のためのコストも全部特別損失として原価計算から外したうえでの火力・水力・その他の発電の総括原価の計算というものもしてみないと、原発6円、火力10円以上という発電コスト自体が信頼できないような気がしてきました。

 一般企業の会計基準などと違って、簡単に入手できるものではないため、簡単に検証できないのが困りものです。

|

« 学生向け協奏曲の作曲家たち | トップページ | 薬価の原価計算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/55376276

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の原価計算:

« 学生向け協奏曲の作曲家たち | トップページ | 薬価の原価計算 »