« 明治時代の原価計算 | トップページ | 通勤交通費と原価計算 »

2012年8月26日 (日)

消費税を上げるだけでは駄目なんだ

 昨日8月25日の日経朝刊2面にあった「医療費、37.8兆円」という記事はショッキングでありました。なぜかというと、2011年度の概算医療費が前年比3.1%増えているという事実が書かれているからです。つまり、前年比1.1兆円も医療費が増えているのです。

 これって、消費税の0.5%分です。消費税の税収が約10兆円。税率を10%にする平成26年になっても20兆円しか入らないのに、そもそも医療費が38兆円近くもかかっているわけです。消費税を福祉目的税にするかどうか?などという議論なんか関係ないですね。2001年に30兆円だった医療費が2011年に38兆円。11年で8兆円増えるのだから、年間7千億円ずつ増えているわけです。3年に1度消費税の税率を1%引き上げないといけないわけです。

 さらに、2001年度には、70歳以上の医療費は、全体の38%でしたが、2011年度は45%まで高まっています。つまり、高齢者の増加によって医療費支出がどんどん増えているわけです。

 こうなると、消費税を上げて、税収を増やして、財政を健全化するのは単独では無理だということがわかります。結局、高齢者への支出をいかにして抑制するか。逆に言えば既得権に踏み込んだ改善をしなければ、つまり高齢者にとってみれば制度の改悪をしなければ、日本の未来はないのではないかと思うのです。選挙にももろに影響する高齢者への制度改悪を提案できる政治家こそが正しい政治家なのだと思います。「消費税をあげるしかない」とか「消費税なんか上げちゃだめだ」という矮小化した議論をしている政治家はいても、「消費税なんか上げるより高齢者福祉の削減に手を付けなきゃ」と主張する政治家は今のところいません。日本は、どうなってしまうのでしょうか。

|

« 明治時代の原価計算 | トップページ | 通勤交通費と原価計算 »

コメント

あたしには、所得税を元に戻すといった
課税の機能の一つ「所得再配分」の観点からのやり直しが重要だと思います。

日本では竹中平蔵らが主唱した、新自由主義的な経済運営が世界的に破たんしているのは明らかで、確かに儲かる人は儲かるけど、破たんする人も激増するという、社会の活性化=社会の不安定化、という観点からの評価のし直し、必須だと思っています。

投稿: 酔うぞ | 2012年8月26日 (日) 12時01分

酔うぞさん、コメントありがとうございます。しかし、そういう税制の話では駄目なんだ!というブログをアップしたつもりだったのですが。小泉さん竹中さん以降の所得税の改正を全部戻しても、あるいは、そういうのと関係なく所得税増税をしても、医療費だけで毎年7000億円増える、年金の支払いも同じように増えるという状況には、焼け石に水です。

投稿: 佐久間 | 2012年8月26日 (日) 15時38分

姥捨て山って社会を守る合理的なシステムだったんです。

投稿: しょうたく | 2012年8月26日 (日) 15時40分

 しょうたく さん、私もそう思います。経済資源に限度がある社会においては、生産力を失った人間までを養うことで全員が野垂れ死にする可能性があるため、姥捨てすることで、子供を守る。それでも飢饉のときには生活できないから、5歳までの子供は殺しても「神様に返す」という言葉が江戸時代にはあったと読んだことがあります。
 日本も貧しくなってきたのであれば、「90歳以上の人の手術は、全額自費負担」とか、生命維持装置は全額自費負担とか、新しい姥捨てルールを導入しないといけないのかもしれません。
 それが残酷というなら、常に成長し続ける日本を創造しなければなりません。

投稿: 佐久間 | 2012年8月27日 (月) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/55508769

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税を上げるだけでは駄目なんだ:

« 明治時代の原価計算 | トップページ | 通勤交通費と原価計算 »