« こんなことも知らない人が政策を語っている | トップページ | 勝訴判決その後 »

2012年6月25日 (月)

輸出免税は益税か?

 消費税談義が賑やかになってくると、「輸出企業が発言力がある経団連は、消費税率が上がった方が税金が還付されて得だから、消費税率の引き上げを主張するんだ」という説が出てきます。いや、実は、先ほど、顧問先からそういう電話があったもので。
 
 いかにも陰謀めいていて魅力があるんですが、消費税の理論からはぜんぜん益税ではないのです。消費税は、国内の取引に課税する税金であり、国内で生じて国内の人が享受する付加価値に課税します。という原理を前提に国内で100仕入れて、それを140で海外に輸出する企業を考えてみます。
 
 140-100=40の付加価値があり、これを国内に売れば、5%の2の納税をします。これは140×5%-100×5%=7-5=2と計算していますが、要するに付加価値額×消費税率です。輸出の場合には、40の付加価値に課税しないわけで、140の輸出に消費税は乗せない、そして、仕入れるときに105払ったから、5は還付してもらう。それだけのこと。消費税が8%になったら、仕入れるときに108を払ったから8を還付してもらうだけのこと。どこにも利益は出ていません。

 外国への輸出にも消費税をかければ、税収が増えるじゃないかという意見もありそうですが、付加価値税・消費税のない国が140で輸出して、我が国からは147で輸出させたら、当然、価格競争で負けます。なので、海外の人に我が国の付加価値にかかる税金を負担させることはできないのです。外国の人に課税することはできないという単純な話とも言えます。
 
 変だと思う人は、今度は、100輸入してきて、140で国内に売る会社を考えてみましょう。100輸入をしてくる際に税関で5%の5だけ輸入消費税を払います。そして、消費税込みで147で売るわけですから、7-5=2だけの消費税を払ったことになります。税関という税務組織に5の消費税を払っておいて、消費税の還付でその5はマイナスとして扱うのが不思議ですが、そういうことです。100の輸入代金には海外の付加価値税は乗っていないはずなので、これで輸出と輸入はきれいに辻褄が合っているわけです。でも、輸入時に5払って、消費税申告で2を払うから損税だとはだれも言いません。石油会社とかガス会社が損税は困るという話を聞いたことがありますか?
 
 と、説明しても、「いや、大企業は、105で仕入れていたものが消費税が8%になった時には、107くらいにしか値上げをさせず(価格転嫁をさせず)、消費税を得するんじゃないか?」という人がいたりします。しかし、それも違います。107しか払わないぞ、と納品業者に値引きをさせたなら、107÷1.08=99.074で仕入れて、7.926の消費税が乗って、107という計算になります。そして、全部輸出ならば、7.926が還付されるだけです。8が還付されるわけではありません。なので、払った消費税がそのまま還付されるだけなので、益税は出ない。
 
 国内に売ろうが輸出しようが、100で仕入れて140で売れば、付加価値は40。そのうち国内に売った部分だけ消費税がかかるというだけの話なんです。ご理解いただけますでしょうか?

|

« こんなことも知らない人が政策を語っている | トップページ | 勝訴判決その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/55050270

この記事へのトラックバック一覧です: 輸出免税は益税か?:

« こんなことも知らない人が政策を語っている | トップページ | 勝訴判決その後 »