« 消費税の軽減税率 | トップページ | 固定資産税・都市計画税課税明細書の見方が難しい件 »

2012年5月22日 (火)

テレビに出損なった件

 本日の8時からのテレビ朝日「モーニングバード」にインタビュー映像を出してもらいそこなった話をご報告します。

 昨日の午前中、5月12日に書かれた消費税の軽減税率についてのブログを拝見しまして・・・とテレビ朝日から電話が入りました。お話を伺いたいということで、番組作りの参考になるように、そして軽減税率を導入しちゃいかんという持論を吹き込むために受けることにしました。午後になって、質問内容をファックスさせていただきます、という電話と一緒にカメラも持ち込んで映像を撮らせてもらっていいですか?と切り出す。その時点では話す内容をパワーポイント7枚ほどにまとめていたので、なんでもいいやとokを出す。送られてきたファックスに基づいてパワーポイントを10枚くらいに膨らませて、15時の到着を迎える。

 カメラのセッティングをしている間に、ディレクターに10枚のパワーポイントの説明をして、軽減税率なんか入れたらろくでもないことになるよ、と解説する。そして、ファックスの内容について、カメラを前にインタビューを受ける。と、ドタバタして約1時間が経過して、取材陣は帰っていきました。後で携帯電話に追加質問とか入れていいですか?というからokする。朝7時くらいでもいいかというから、これもok。明日の朝、スタジオに来てもらって、場合によっては説明してもらうとかはいいですか?というから、それは勘弁してよ、と答えました。だって、番組に放り込まれたら、出来上がっている台本から外れたことは言えないから、台本の出来によっては自分の信念と違ったことを言わされるリスクがありますので。

 夜、8時くらいに携帯電話に電話が入って、補足の説明を求められて説明。翌朝は、発信履歴の操作ミスで間違い電話でディレクターから電話が来たというアクシデントはあったものの、特に仕事はなく本番へ。昨日のうちから最初の30分はスカイツリーで、8時半くらいからですとは聞いていたんですが、いよいよニュースのコーナー。が、最初は、渋谷での殺傷事件の話。その後、ようやく税と社会保障の一体改革の話へ。

 軽減税率ってどんなものですか?みたいな話が出て、ヨーロッパでは、これで結構混乱があったりするんですよ、みたいな話に。うんうん、私の筋書き通り。フランスでは、三大珍味のキャビア、フォアグラ、トリュフのうち、19%台の普通税率のものと5%の軽減税率のものがあります。それはどれ?という質問形式で、キャビアが普通税率。フォアグラとトリュフは、国内産業でキャビアは輸入品だから、地場産業の保護の観点でフォアグラ・トリュフは軽減税率なんですね、みたいな解説。これ、私がインタビューで答えていたところでした。その後も、ドイツではドーナツを5個まで買う場合、店内で食べるとみなして普通税率、6個以上は家で食べるとみなして軽減税率とか、食品など必需品に軽減税率が適用されるとはいえ、適用対象が政治力で決まったり、どこかに「みなし」で強引に線引きしないとだめなのよ、というネタをクイズ形式で。

 出演者の発言には、「軽減税率の対象をあんまり広げると税収が確保できないよね」とか「うちの業界も軽減税率にしてとか出てくるね」的なものがありましたが、これは私が用意して発言したネタ。ということで、今後の展開を注目しましょう的なまとめで終了! 字幕で「監修 税理士佐久間裕幸」と入れてくれるくらいでもしてくれればまだしも、まったくスカで終わりました。ま、渋谷の殺傷事件がすべての原因だろうなぁと。

 今の世の中、物騒だから変に外で人と絡んじゃいけないよ、というのは東京では当然の常識で、その常識通りの殺傷事件よりも、万一導入されたら今後数十年単位で国民に皺寄せが起きる消費税のどっちが大事なのよ?みたいな気持ちもあります。が、家内曰く「あの時間の番組は、ニュースではなくワイドショーだから、そんなこと期待できないよ」ですって。確かにそうだ。期待してはいけなかったですね。

 そこで、どんなことをパワポで解説していたかを概略まとめておきます。
◎軽減税率とは、給付付き税額控除とは。
 
◎軽減税率のメリット・デメリット
メリット・・・
日常必需品にかかる税率が低いため生活へのダメージが減る。
デメリット・・・
①税収が伸びないので、本則税率を一層引き上げることになる。
②財・サービス価格の相対価格を攪乱
③課税・非課税の取り扱いで納税企業が混乱。

◎財・サービス価格の相対価格を攪乱って何?
たとえば、食品は消費税5%、ペットフードは10%になれば、猫の缶入りペットフードを止めて、ツナ缶を買って猫に与える人が出てくるかもしれない。そうすると、ペットフードの消費が減り、価格が落ち、ツナ缶の需要が増え、値上がりするようなことが起こります。さらに・・・

◎食料品を軽減税率にしても食品価格は上がります。
種の仕入価格、肥料代、ビニールハウスの建築代、ビニールハウスの暖房費などに消費税がかかっていれば、農家だって出荷の価格を引き上げないと所得が減ってしまいます。だから、値上がりという形でお財布を直撃します。

◎農家や食品産業への販売も非課税にすればいいじゃないか。
ビニールハウス内の暖房用の灯油は軽減税率で、農家自身の家の暖房用灯油は通常課税? 農家に売る軽トラックは軽減税率かな?でも、その軽トラックで息子が会社に通勤していたりして。

◎食品とそうじゃないものの区別ってできるんですか?
イギリスのジャファケーキ事件。
イギリスは、アフタヌーンティーの慣習があるからか、ビスケットやケーキは食品として軽減税率(0税率)。でも、チョコレートは贅沢品で課税。チョコレートをかけたジャファケーキは食品かどうかで裁判に。

◎日本だって区別ができないものあるでしょう。
食玩って、知っていますよね? 素敵なフィギィアと小さなガムがセットのお菓子。おまけが欲しくてガムを買うという商品です。あれも軽減税率適用ですか?ハンバーガー屋さんの子供向けセットにもおもちゃが付いていましたね。

◎でも、食料品は必需品だから消費税が上がったら大変だ。
所得の階層の下位20%では、年間平均収入177万円、月間15万円ほどのうち、食料品に費やしているのは35,107円だけ。消費税が5ポイント上がっても1,755円しか支出は増えない。

◎食料品の軽減税率の恩恵は金持ちだって受けるんです。
所得の階層の上位20%では、年間平均収入1,116万円、月間93万円ほどのうち、食料品に費やしているのは84,679円で下位層の2.4倍。これも軽減しちゃうのであれば、これこそバラマキ税制!

◎それなら、ほかの逆進性対策があるでしょう。
給付付き税額控除があります。
それだけでなく、所得税や住民税あるいは社会保険料を年間2万円だけ引き下げてあげれば、食品の消費税アップ分を還元することができ、高い食品を買う高所得者には引き下げを適用しないような手法も講じられるのでは?
→それこそが税と社会保障の一体改革のはず。

|

« 消費税の軽減税率 | トップページ | 固定資産税・都市計画税課税明細書の見方が難しい件 »

コメント

惜しかったですね。でもこの話題なら、またチャンスはあるかもしれません。またご出演の機会があれば教えて下さい。軽減税率は大変だろうなと素人的には感じておりました。英国にいたとき、なるべく税率が安くなるように買物しようとした記憶があります。根拠を考えると確かに屁理屈みたいなのが多いです。よくこれで皆さん納得しているなと思いました。capricornus@SUVA, FIJI

投稿: maeda | 2012年5月31日 (木) 18時55分

 コメントありがとうございます。そうでした、イギリスに駐在されていたことありましたよね。もしかすると、裁判の対象となったジャファケーキもマークスアンドスペンサーのティーケーキも食べたことがありますか?
 いずれにせよ8%や10%の税率でやるようなものではないと思っています。

投稿: 佐久間 | 2012年6月 1日 (金) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/54777152

この記事へのトラックバック一覧です: テレビに出損なった件:

« 消費税の軽減税率 | トップページ | 固定資産税・都市計画税課税明細書の見方が難しい件 »