« こんな時こそ買いたくなる | トップページ | 消費税の軽減税率 »

2012年5月 4日 (金)

長距離バスの原価計算

 長距離の夜行バスが日本中を走っています。その結果、寝台特急が駆逐されてしまいました。本当にそんなに安くてよいのか?と思って、原価計算をしてみようかと思いました。

 観光バスの値段をいすゞで見ると、3000万円から4000万円といった値段のようです。このバスを6年乗るとすると、年間500万円の償却費となります。3000万円で購入して6年後の中古下取り価格を0円とみてもよいし、3500万円で購入して6年後の下取り価格が500万円でもよいです。ま、概算としてはこんなもの。バスが年間250日稼働できるとすれば、1日当たりの償却費は、2万円ということになります。ディーゼル燃料代は、リッター4キロ台と出てきます。高速道路が中心なら6キロで計算してもよいかもしれません。先般の事故の金沢~東京だと670キロだかの運転手2名の基準には該当しないというニュースがあったので、600キロとして、100リットルの燃料を使います。このディーゼル燃料は、最近ではガソリンとあまり変わらない値段だそうで、1リットル120円としましょうか。そうすると金沢~東京で12,000円かかるということになります。運転手の日給が15,000円だと月間20日働いて30万円。夜間手当も込みだと考えると、こんなもんでしょうか。高速代がわからないのですが、自家用車なら10,850円という検索の答えが出てきたので、バスなら2万円といったところでしょうか。

 以上をすべて足しこむと償却費+燃料代+給与+高速代=67,000円となります。これに対して売り上げはどれくらい得られるでしょうか。楽天トラベルで東京~金沢間5月6日発の夜行で調べると3,900円というのが最も安い。20人乗れば、78,000円ですから、1万円ほどの利益が出ます。しかし、楽天などツアーの販売事業者への手数料、バス会社の利益、ツアーの主催会社の利益の総額が1万円ほどということでは、実質利益は出ません。当然、運転手を2名にしろといった規制が出てくれば、3900円の料金自体が不可能なものとなります。逆に言えば、危険と隣り合わせの3900円なのだということを理解すべきです。

 ユニクロや牛丼屋のような価格破壊は、理由があり、品質が確保されているからこそ許されているのだと思います。バスの場合、この料金は許される価格破壊ではないのではないか?という気がします。事故で亡くなった方を責めるような文章に感じられる方がいれば、たいへん申し訳ないのですが、個人で上記のような計算をして、「3900円の夜行バスは止めて、8000円の会社のにしよう」という判断はできないと思います。なので責める気はありません。おそらくは、「楽天トラベルのような上場会社が売っているツアーだからちゃんとしたものだろう」くらいの判断で購入されているのではないでしょうか。ということであれば、楽天トラベルその他大手の旅行代理店は、本当に自社が扱ってよいものか?という原価計算をしたうえで、取次を開始してもらいたいものだと思います。それが上場企業への信頼というものではないでしょうか。

 また、我々もとにかく安ければよいという発想の前に「安物買いの銭失い」といった諺も思い起こす必要があるのかもしれません。企業に理念とか自負とかがなくなり、ここを超えてはいけないだろうといったブレーキがかからない時代ですので。

|

« こんな時こそ買いたくなる | トップページ | 消費税の軽減税率 »

コメント

販売会社にペナルティを課すのがいいかもしれませんね。

投稿: tadashi | 2012年5月 5日 (土) 08時38分

長尾さん、こんにちは。
ま、これを言い出すと、平成電電事件の被害者は日経新聞に広告が出ていたから安心だと思ったとかいうのもあり、新聞や雑誌の広告は、広告主のデューデリをしてからでないと広告を出せないとか、東電の広告を載せていたテレビや新聞も原発被害者の損害賠償を負えとか、キリがなくなるのも確かなんですが。

投稿: ひろ | 2012年5月 5日 (土) 10時51分

そもそも実質は路線バスであって旅行商品ではありません。「銭失い」くらいだったら良いですが「命失い」にならないよう気をつけましょう。

格安航空会社(LCC)も同じ様なものだと思います。


投稿: aokazoo | 2012年5月 5日 (土) 11時28分

aokazooさん、コメントありがとうございます。
実質は路線バスにツアーバスが運行できるという実態が良いのかどうか,でしょうか。LCCは、訳がある安値なのか、そうでないのかの検討が必要ですが、今のところの雑誌記事などでは、訳がある安値のようで、長距離バスとは違うような気がしていますが。

投稿: ひろ | 2012年5月 5日 (土) 20時08分

LCCは座席の工夫などで安くしているという記事が目立ちますが、点検などきちんとされているか不安ですね。通常の航空会社でもチケットの取り方で安くなるから、LCCはパスかなぁ。

投稿: しょうたく | 2012年5月 9日 (水) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/54631298

この記事へのトラックバック一覧です: 長距離バスの原価計算:

« こんな時こそ買いたくなる | トップページ | 消費税の軽減税率 »