« 原発問題のまとめ(最終回のつもり) | トップページ | 枝野さんの発言を好意的に解釈するとすれば »

2011年5月 2日 (月)

事業計画と物語

 先月、某所で「事業計画の作り方」というセミナー講師をやりました。その中での肝は、「数字を並べる結論部分は、経理マンでも税理士でもできる。しかし、なぜその数字が並ぶのか、現在と違ってどういう戦略を取るから、どういう戦術を取るから、その結果としてコストや設備投資が発生し、売上も変わるといった前提部分が弱くなる。その前提が弱いと、計画と実績の対比ができないから、経営管理のプロセスで使えない。また、戦略や戦術は、企業の理念、歴史、現状の資源、ライバルの状況などによっても異なってくるので、経営理念や経営目標から作っていくわけだが、そこは経理マンや税理士にはできない。」という部分です。数字を並べる部分は、このホームページにも載せてあるエクセルのシートで鉛筆舐め舐め、いやキーボード舐め舐め?入力すれば、できあがるわけです。
 
 なので、専務をしている二代目などに数字の前までをやってもらって、数字は一緒に作れば後継者育成にもなると思います・・・みたいな余談をはさみながら話を進めました。が、本日、経理理念から事業計画の手前の部分を「物語」で補う(ないしは代替する)という話を聞いて、これは二代目がいなくてもアウトソーシングでできる!と思いました。
 
 クロスロードの「物語」作成サービス。http://www.cross-r.jp/service/index.html
 ヒヤリングが重要なこのプロセスをヒヤリングのプロが行うというものです。そして、事業計画にするのではなく、「物語」として、それ単体で従業員や得意先や投資家に読ませる作品になっています。事業計画の作成とは別に、作成段階でもう1つアウトプットができるというのが面白いところ。会社のファンができるのが物語です。もちろん、これを読みながら、戦略立案をして、数字に落とし込めば、事業計画書になっていきますが、一緒にこの「物語」を銀行マンやベンチャーキャピタルに読んでもらえば、会社への理解が深まります。
 
 社長からお話を聞きながら、「そうだ、これだよ!」と思って冒頭の話をしたら、出てきたのが、上記のURLの頁の4つのマトリックスの中央に「物語」が置かれたページ。ちょっとびっくりしてしまいました。

|

« 原発問題のまとめ(最終回のつもり) | トップページ | 枝野さんの発言を好意的に解釈するとすれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/51558043

この記事へのトラックバック一覧です: 事業計画と物語:

« 原発問題のまとめ(最終回のつもり) | トップページ | 枝野さんの発言を好意的に解釈するとすれば »