« 貝合わせで辿る芭蕉の旅 | トップページ | 法廷会計学vs粉飾決算 »

2010年9月25日 (土)

起業体験プログラム

 この間の連休には品川女子学院の文化祭で行われる起業体験プログラムの決算と株主総会の見学(応援?アドバイザー?)に行ってきました。

 起業体験プログラムというのは、品川女子学院の教育プログラムの1つです。高校1年、2年生が文化祭で飲食や物品販売の模擬店をやるにあたり、株式会社を模して、必要資金をOGで構成されるベンチャーキャピタルから調達するためのプレゼン、会社の登記などの設立準備から文化祭当日の販売、そして文化祭の翌日にその成果を決算して、営業報告にまとめて、株主総会を開催し、会社を清算するという過程を体験するプログラムです。そして、良好な営業成績を出した上位3社が表彰されます。以前、カンブリア宮殿というテレビでも紹介されたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 この運営には、5月くらいからの「会社とは何か」という勉強から始まる教材の提供から会社運営の教材、この全過程を支援までNTVP(ニュー・テクノロジー・ベンチャー・パートナーズ、村口社長)の協力により成り立っていますが、手の足りない部分は、父兄の中で経理マン、公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、ベンチャーキャピタリストなどの専門家が支援者として参加しており、そんなことで私も参加するに至っています。
 
 今年は、飲食企画ではタコス、タイ焼き、アイス最中、カレーパン、肉巻きおにぎりが登場し、物販ではリップクリームとフリマの開催、Rodyのストラップ、モンチッチのパスケース、手作りキャンドル、トートバックの会社が出店しました。今年、最大の利益を出したのは、売上高177万円で利益で25万円を叩き出した会社。しかし、物品の仕入れのために資本金143万円も調達しており、ROEでいえば17.8%。そのため、ROEでは、より良好な成績を出したタイ焼き、アイス最中、手作りキャンドルの会社が1~3位となりました。逆に赤字となってしまって、配当どころか生徒が出資した1人500円の株式が紙きれになったクラスもありました。
 
 帰りの北品川駅で「私たち、儲けすぎちゃったから成績優秀会社に選ばれなかったんだよ」みたいなことを話している生徒の声が聞こえてきました。でも、君たち、違うんだよ。他の会社は資本金20万円~30万円程度で5~10万円の利益を出し、株主の資本を何十%も増やしている。しかし、利益1位の会社は、17.8%しか増やしていない。しかも、生徒の出資は、1株500円で数万円、残りの140万円はベンチャーキャピタルが出していて、このプログラムのルールではVCには6株しか発行されていない(その分、発行価格が高い)。そのため、VCのお姉さんたちは、140万円の投資の結果、資産を3万円ほどしか増やせていない。それで優秀な会社といえるだろうか。
 
 株主総会終了後の講評として校長先生も語っていました。「企業経営において資金の調達というのはとても大変なことです。起業体験プログラムでは自動的に必要資金が準備できてしまいますが、世間では自分で出資をして、経営がうまくいかなかったら迷惑をかけることを承知で親族や友人に出資をお願いし、さらには個人保証をして銀行からお金を借ります。」
 
 つまり、「このビジネスなら儲かる!」ということがわかっていても、無尽蔵に資金を調達できないのが現実の社会。その観点がROE重視という評価にたどり着いたのですね。逆にいえば、資金調達の上限を設けていないプログラムのシステムにも問題があったわけで、おそらく来年に向けてここの改善が図られると思います。「とにかくやってみて、不具合は走りながら修正する」というのが品川女子学院の校風であり、魅力なので。
 
 日本では、起業家が少ないといった経済の低迷感が漂っていますが、ROEなんて概念も学んでいる高校生が育てられていることのご報告も兼ねて、ブログにしてみました。

|

« 貝合わせで辿る芭蕉の旅 | トップページ | 法廷会計学vs粉飾決算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/49556289

この記事へのトラックバック一覧です: 起業体験プログラム:

« 貝合わせで辿る芭蕉の旅 | トップページ | 法廷会計学vs粉飾決算 »