« すばらしいことですよね! ・・・って | トップページ | メイド喫茶で決算打ち合わせ »

2010年5月20日 (木)

ミラノ風ドリア299円

 昨日は、中央線の某駅前で、お昼にサイゼリアへ入ってみました。雑誌(週刊ダイヤモンドの外食特集)に出ていた顧客の1/3が注文するというミラノ風ドリア299円というものを食べてみようかと思って。
 それでメニューを見てみたら、499円のパエリアがおいしそうに見えて、そっちを注文してしまいました。定番メニューの1.66倍という高価格商品!なので、さぞかし写真どおりの満足感が味わえるかと思ったら、器は小さいし、具もそれほどでもなく、なんか失望感が。
 
 で、思ったんですが、FC=工場であると考えれば、稼働率の高い商品がお買い得であり、客単価が低い店ほど、客は安いものを注文するので、高い商品のオーダー率は低い。ということは、パエリアの鉄板を使った器なども1食辺りの償却費が大きいので、その分、具など食材へのコストが圧迫されてしまう。だから、パエリアでは失望した。
 
 車はプリウスかヴィッツを買い、サイゼリアではミラノ風ドリアを注文するのがコストパフォーマンスが良いと言うことでしょうか。となると、自営の飲食店は、手間ひまかけた高価格品を提供するところに生きる道を見出すべきであって、450円のもりそばを400円にできないか?などと考えてはいけないんでしょうね。むしろ、蕎麦を手打ちにして、700円の価格にする。

 ちなみに、ミラノ風ドリアって、おいしいのでしょうか? 前述の雑誌でのサイゼリアの社長のコメントでは、「満足を与えるより、価格なりの納得感があれば客はまた来る」のだそうですが。

|

« すばらしいことですよね! ・・・って | トップページ | メイド喫茶で決算打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/48406736

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ風ドリア299円:

« すばらしいことですよね! ・・・って | トップページ | メイド喫茶で決算打ち合わせ »