« 雑誌のデジタル化 | トップページ | 珈琲館とタバコ »

2010年4月 8日 (木)

ANA機内サービスの有料化

 先日、家族旅行で鹿児島へ行ってきました。飛行機は、ANA。そしたら、4月1日より従来は無料提供していた飲み物をお茶と水に限定して、コーヒーやスープは有料にしたことを知りました。その代わり、ビール(おつまみ1袋付き)500円とか従来にないメニューも出たり。

 で、実際の運用状況を見ると、「ミネラルウォーターかお茶はいかがですか?」なんて聞いて回ることはなく、ワゴンを押して、無言で移動していました。で、有料でオーダーする人がいれば、それを受けるという感じ。これだと、無料のお茶を頼むのは頼みずらかったです。おそらく、そういう意図での運用なのでしょう。ついでに新聞や雑誌を持って、「いかがですか?」というサービスも消えていました。

 JALが事業再生を要する破綻状態であるわけで、また、スカイマークなど格安キャリアとの競争もある中では、ANAとしても経営は楽ではなく、仕方ないかなぁという気もしますが、少し寂しい気がします。新幹線のグリーン車に乗ると、ウェッジという雑誌が無料で読めますが、飲み物の無料サービスはない。それとの対比で言えば、今回の施策は、「国内線は新幹線のグリーン車程度である」という位置付けなのでしょう。「翼の王国」はちゃんと読めましたので。ちなみにグリーン車は、おしぼりの無料配布があるのですが、ANAでも始めませんか?などと思ったりしました。

|

« 雑誌のデジタル化 | トップページ | 珈琲館とタバコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/48030896

この記事へのトラックバック一覧です: ANA機内サービスの有料化:

« 雑誌のデジタル化 | トップページ | 珈琲館とタバコ »