« エコーが売れたりして | トップページ | ANA機内サービスの有料化 »

2010年1月22日 (金)

雑誌のデジタル化

 中央経済社から郵便物が届き、中を見てみると平成元年以降の同社の会計・税務の雑誌を画像化した形式でTKC税務・会計情報データーベースに収録したいという使用許諾の依頼が書いてあった。そして、平成元年以降の私の執筆した記事、原稿の一覧があったが、ちょうど21本。私が雑誌論文を書き始めたのは1997年くらいからで、中央経済社には1999年に初登場。そこから昨年末まで12年の間に21本書いたことになり、年平均1.75本。旬刊経理情報と税務弘報の2つでそれだけ書いたかぁ・・・とちょっと感慨を。

 ちなみに使用許諾は「する」とお返事いたしました。たぶん、ぎょうせいの「税理」「速報税理」にも同じくらいの本数を書いているかもしれませんが、税務経理協会と税務研究会さんは、1度も書いたことがありません。あ、いや税務経理協会には「税経セミナー」という受験雑誌に合格体験談を書いたかもしれません。でも、それって実務論文じゃないですね。って、書いておいて執筆依頼がきたらすごいなぁ。

 さて、この雑誌のデジタル化、TKCと中央経済社との収益具合はどうなっているのでしょうか。中央経済社にもダウンロード回数に比例した売上が立つようなら、長年にわたって検索されるような雑誌原稿や記事を誌面に載せて、二次収入を期待するという編集方針の変更もあるのかもしれないのですが。そうすると、「読み捨てら~れる~、雑誌のよ~おに~♪」(古いなぁ、と自分で突っ込んでおきます)という雑誌が違った性格をもつようになるのかもしれないのですが。

|

« エコーが売れたりして | トップページ | ANA機内サービスの有料化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/47361343

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌のデジタル化:

« エコーが売れたりして | トップページ | ANA機内サービスの有料化 »