« 税調の議論は面白くなったかも | トップページ | パスワードの変更を頻繁にするべきか(再考) »

2009年11月13日 (金)

それはこっちの台詞だぁ

 今週は、税務調査の立会いが1社ありました。数年前にその会社としては少し大きな赤字が出ていて、ちょっとした売上や在庫の漏れや仕入れの重複があっても消費税は影響があるかもしれませんが、法人税の追徴は出ない会社。しかも、社長は、数年前まで納税関連団体の役員さんもやっていたという納税意識の高い会社。交際費なども少なく、私が見てもどこから税金を取るのだろう?という会社。

 結局、調査対象に選ばれた理由は、もう10年以上調査に来ていないからということになります。2日目は、会社を実質的に動かしている専務が動かせない用事が入っています。初日に何もでてこないので(厳密に言えば、42,000円の在庫計上漏れはありましたが)、4時過ぎの段階で、「初日で切り上げてください」とお願いしました。

 「いや、それは上司に報告してから検討となります。」という予想通りのお返事でした。しかし、あまりにも問題事項が出てこない自信がある会社なので、もう少し突っ込んで、「今日1日専務がお付き合いしたんだって、会社は損害だし、私の調査立会い報酬も発生してしまう。10年来ていないからという理由で質問調査権を行使されたのでは、会社は困る。ぜひ、上司に要望をしっかり伝えてほしい」と言ったら、「それはこちらの台詞ですよ」と言ってくれた。なんだ、それって?怒りのスイッチが入った瞬間。たしかに、調査に来て何も出ないのでは彼らも「行って何もでないのは、お前の給料分だけ損害なんだ」みたいに言われて育てられてきているのが税務調査官。しかし、1日付き合わせて、何も見つけられなかった奴が、客いや納税者の前で「それはこちらの台詞だ」と言うかね。いや、その時は、専務はコピーを取りに行っていて、顧問税理士の私しかいなかったのだが。
  「そういう発言があったって、メモしとかねいといけないかな」と言ったら、「どうぞ、私もそう言われたとメモします」だって。
 
 ちなみに、あとで税務署から電話が入り、2日目の調査はなくなりました。42,000円のミスがあるから、是認通知がでないのは当然ですが、果たして、どういう電話が来て、調査終結となるのでありましょうか。

|

« 税調の議論は面白くなったかも | トップページ | パスワードの変更を頻繁にするべきか(再考) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/46751188

この記事へのトラックバック一覧です: それはこっちの台詞だぁ:

« 税調の議論は面白くなったかも | トップページ | パスワードの変更を頻繁にするべきか(再考) »