« フルニエの無伴奏チェロ組曲 | トップページ | 税調の議論は面白くなったかも »

2009年10月30日 (金)

タバコ税の上限

 厚生労働省は29日、政府税制調査会へ30日に提出する平成22年度の税制改正要望で、社会保障費の財源確保などのため、たばこ税を1本当たり10円引き上げるよう求める方針を決めた。実現すればたばこ1箱(20本)の値段は主力商品で現在の300円から500円に大幅値上げとなる。(産経新聞)
----------
 たばこを吸う人って、もらいタバコってやりますね。1本10円以上のタバコなのに「すみません、1本」とかいうと、相手もすぐにくれる。吸いたいときに切らしている辛さを知っている同士の温情なのか、値段を考えていないのか。
 もらいタバコの風習が消える水準まではタバコ税を引き上げても大丈夫なのではないかな?と思ったりしました。

|

« フルニエの無伴奏チェロ組曲 | トップページ | 税調の議論は面白くなったかも »

コメント

nosmoking喫煙が体に悪いと言うなら、税収は無くなるが、たばこの販売及び喫煙を大麻や覚せい剤などと同じく法令で禁止すべきである。
喫煙の健康被害などが明らかとなった現在においては、課税の対象から禁止の対象に変えるべきである。
健康保険料などの負担が減る。吸殻のポイ捨てによる道路などの不快な汚染もなくなる。
たばこ税を上げても効果は限られるが、たばこ税を上げるのなら、税額は1箱千円にすべし。
仮に民主党がたばこ農家やJTとかの関連業界とは癒着していないというなら、タバコを禁止するか又は、たばこ税を大幅に上げて証明すべき。

投稿: たばこを禁止せよ | 2009年11月 1日 (日) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/46621068

この記事へのトラックバック一覧です: タバコ税の上限:

« フルニエの無伴奏チェロ組曲 | トップページ | 税調の議論は面白くなったかも »