« スパムじゃないのに・・・ | トップページ | フルニエの無伴奏チェロ組曲 »

2009年10月21日 (水)

一見様お断り?

 昨日、不動産の売却による譲渡所得について相談したいのだが・・・という電話が入り、ざっと内容をお聞きして、その範囲での調べ物をして、本日の午後、相談者がいらっしゃいました。ホームページで検索して、電話をしてきたそうです。ちょうど1時間ほどお話して、方向性も固まったのですが、お帰りになる際、「今まで、何件も電話して、税理士さんを探したんですが、うちは法人のお客さんだけしか相手にしないのでとか、断られまくって、不眠症になるかと思っていました。」みたいにおっしゃいました。

 相続税はやらないという税理士は出てきていますが、譲渡所得の相談もやらないんだぁ・・・と思いながら、「譲渡所得って、条文がわかりずらいし、間違えると金額が大きいし、責任重いので、年配の税理士さんになると、今のお客さんだけでいいや、という守りに入っちゃう人もいるのかもしれませんね」と答えると、「電話の声の感じでは、確かに年配の方が多い感じで、わずらわしいことはいらないという雰囲気を感じました。」と言っていました。

 そんな姿勢で仕事していて、サービス業として良いのだろうか?と思いつつ、ま、コンペティターのサービス水準が低いというのはやる気のある税理士にとってはありがたいと思います。反面、業界外からの市場参入の危険もあるわけですが。

 佐久間会計では、京都の料亭や銀座のクラブのような一見さんお断りというのはありません。相続税でも不動産譲渡でも会社設立でもなんでもご相談ください。もちろん、今回のように難しい相談や相談のみでその後に税務顧問や申告業務のない場合には、有料の相談となりますが、それでも不明点が解明するんだし、こちらも時間を潰すわけですから。ちなみに、本日の相談者様からもきちんと報酬をいただきました、ありがとうございます。無事に、買換えまで完了することを祈念しております。

|

« スパムじゃないのに・・・ | トップページ | フルニエの無伴奏チェロ組曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/46544439

この記事へのトラックバック一覧です: 一見様お断り?:

« スパムじゃないのに・・・ | トップページ | フルニエの無伴奏チェロ組曲 »