« ラトル&ベルリンフィルのマーケティング | トップページ | スパムじゃないのに・・・ »

2009年9月27日 (日)

1億円あったら

 月末なので、今月申告の顧問先を回っている。

 先週、特に記憶に残った話題を2つ。建設業のお客さんに5年後、10年後の会社の姿はどんなものを想定していますか?という質問に、「同じくらいの売上高で、自分の目の届く規模でやっていたいと思う。人口も減る傾向にある縮みつつ経済環境で現状維持というのはそれなりに攻めの姿勢だと思うから」という返事が。なるほど、維持すること自体が攻めなんだなと改めて感じました。

 もう1つは、雑談になってからの話題で「私が宝くじで1億円当たったら、何に使うべきだと思いますか?」という質問をされたお客さん。う~んと一瞬考えたのですが、1億円をそのまま定期預金にしたらどうか?とお返事しました。このところ、株も戻ってきていますが、ここから先、もう一段回復するかもしれないけれど、逆に下げるかもしれない。もう少し先が見えるようになってから動いてもよいので、定期預金だと答えました。

 「先生(お父さん)に以前、同じ質問をした時には電力株でも買いますかね、と言われました」としっかり比較されちゃいましたが、電力株買うより、信用金庫に1億円の定期預金を持っていた方がいろいろ我が儘言えそうで、楽しいのではないかと。社長さんは、「なんか宝くじが当たるんじゃないかと思ってねぇ」とニコニコしながら話していました。申し訳ないけど、簡単には当たらないと思いますが(^_^)。

 今週もあと何社か回ることになっています。

|

« ラトル&ベルリンフィルのマーケティング | トップページ | スパムじゃないのに・・・ »

コメント

少子高齢化で人口が急激に減少する傾向のなかいかに事業を展開するか舵取りは難しいですね。とはいえ、世相に囚われず自分たちが残る道筋を考える視点があれば開けるのかなと考えます。
で、一億五千万くらいの金をどぶに流して自己破産する親を持った身には当たった宝くじが落ちてこないかなと思ったりします。

投稿: しょうたく | 2009年9月28日 (月) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/46326495

この記事へのトラックバック一覧です: 1億円あったら:

« ラトル&ベルリンフィルのマーケティング | トップページ | スパムじゃないのに・・・ »