« 限られたインフルエンザワクチンを誰に接種するか | トップページ | 新型インフルのワクチンの接種優先度 »

2009年9月 1日 (火)

利益剰余金の資本金組み入れ

 うれしかった体験なので、ちょっとだけ自慢話ですが、お付き合いください。

 以前、大株主の会長さんから「留保利益を資本金に振り替えることはできないか?」と相談されていた会社がありました。しかし、会社法の施行後、資本と利益の峻別という発想から利益の資本組入れはできませんでした。反対に資本側から利益に振り替えるのも、欠損填補のための振り替えに限定されていました。

 ところが、この4月1日施行の会社計算規則(会社法の省令)で利益の資本組入れが認められるようになりました。そこでその会社の決算が来たところで、株主総会にそういう議案を入れたらどうか?という提案を取締役にして、議案に入れました。そしたら、顧問弁護士さんのところから電話がかかってきて、「これはダメだったはずですが、最近の会社計算規則の改正でokになったのですか?」と聞かれました。で、条文等をご説明。

 弁護士といえども、会社の貸借対照表の中の組み換えの条文は、フォローし切れていないはずなので、まあ、これは当然かもしれないし、そうやって、専門家同士がチェックしあうからこそ、会社にミスが生じないので良いことです。

 無事、株主総会が終了して、会社の総務担当者が渋谷法務局へ登記の申請に行きました。すると、担当官から「利益の資本組み入れはできないんですよ」と言われたとのこと。総務の人は、一瞬真っ青になったと言っていました。で、根拠条文をファックスしてもらうので・・・と電話をかけにいって、戻ったら「すみません、4月からできるんでした」と言われたそうです。

 その話を聞いて、「登記が専門の法務局の人も頭に入れていないような情報を会社に助言してあげられたんだ」とか思って、内心すごくうれしくなりました。公認会計士・税理士なんだから当然じゃないか、言われてしまうかもしれませんが、毎年のように動いていく会計や税務をフォローしていくのはたいへんで、勉強しそこなっていたり、勉強していても失念していたり、勘違いする場合があります。そんな中で、こういうエピソードは、自分の勉強速度は、まあまあだという自信につながります。

 でも、勉強が十分ではないのは明らかで、現に今回も、会社には「まあ、法人住民税の均等割額が数万円増えますが、信用力の強化と考えれば悪くないと思います」とか言っちゃったんです。が、利益剰余金を資本金に積み立てても、税務上の資本金等という概念(資本金とはちょっと違う)は増加しません。なので、均等割額は変動しないのでありました。F社のみなさん、今月伺った際に訂正させていただきますね。

|

« 限られたインフルエンザワクチンを誰に接種するか | トップページ | 新型インフルのワクチンの接種優先度 »

コメント

勉強も大切ですがちゃんと覚えておいて、適切なタイミングで提案できるのが素晴しいかと!

投稿: 通りすがり | 2009年9月 2日 (水) 05時50分

通りすがりの会長さんご本人からコメントをいただいちゃいました。この件は、ちゃんと覚えていましたので、提案させていただいた次第です。

投稿: 佐久間 | 2009年9月 2日 (水) 08時58分

偶然に貴社のホームページにたどり着き、拝見しました。
その中で「利益剰余金の資本金組み入れ」の話題がありましたが、この内容は内部留保金を現在の株主の持分割合であれば非課税で資本金を増額できると
いう事ですか?
今までは株主に税負担を掛けないで増資するには
所得税分を配当するしかなかったと思うのですが?
私の理解が違っていましたらご指導願います。

投稿: 吉川 | 2009年10月 7日 (水) 10時37分

吉川さん、コメントありがとうございます。
以前は、みなし配当という制度があり、利益の資本組入れには配当課税がありましたが、平成14年くらいからの税制改正でokになりました。しかし、利益の資本組入れという行為自体が平成18年の会社法で不可となりました。それが今年の4月に再び可能となりました。その結果、株主に所得税がかかることなく、よって、その分の金銭配当をすることなく、利益の資本組入れができるようになりました。

投稿: 佐久間 | 2009年10月 7日 (水) 13時03分

早速のご回答ありがとうございました。
お礼を申し上げます。

投稿: 吉川 | 2009年10月 7日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/46088827

この記事へのトラックバック一覧です: 利益剰余金の資本金組み入れ:

« 限られたインフルエンザワクチンを誰に接種するか | トップページ | 新型インフルのワクチンの接種優先度 »