« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月22日 (土)

限られたインフルエンザワクチンを誰に接種するか

毎日新聞のネットニュースにこんな記事が出ていました。

「通学年齢の子供と、その親の世代に当たる30代成人にワクチンを優先接種すると、新型を含むインフルエンザによる社会全体の被害を最小限に抑えられるとする試算結果を米エール大のグループがまとめ、20日付米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。」
 なるほど、そうかもしれないと思いました。しかし、そもそもインフルエンザが重症化する可能性が強い喘息、糖尿病、心臓疾患の患者の数だけでもワクチンは不足しており、さらに医療関係者の数を加えると、限られたワクチンをどういう優先順位で接種するのかという厳しい選択を厚生労働省は迫られることになります。

 選挙の票を考えると、高齢者が多いであろう糖尿病患者に優先権とするのが賢いですが、官僚自身は自民が勝とうが民主が勝とうが関係ないなら、本筋の結論を出すのが基本。高齢者はかかりにくいというデータもあるなら、未来ある子どもに接種を優先し、その親にも接種する。でも、そうすることは、「高齢者で糖尿病の患者や心臓疾患の人は、今回インフルエンザに罹って重症化することがなくても10年で死ぬ人の確率は数十%。だから、今死んでもいいじゃない」みたいに受け取れなくもない。

 「子どもが罹患しても重症化せずに回復する可能性が十分あるんだから、命に直結する人を優先するべきだ」という意見も当然出るでしょう。逆に子供を持つ親からは「少子高齢化の中で、子どもは社会の宝だ。子どもが学校を通じて感染を拡げる可能性も考えるなら、子どもの感染を防ぐことで、高齢者のリスクも相対的に減らすのだから、子どもの接種を優先すべきだ」と言われるでしょう。アメリカの発想は、こっちのようですね。

 さて、日本はどうするのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

ロングテール

 東京税理士会には、日本税務会計学会というのが研究機関としてくっついていまして、そこの委員をしている私は、今年11月の年次大会でのパネルディスカッションのメンバーにされてしまいました。そこでのテーマが消費税。私の担当は、非課税売上なんですが、これを調べる上では、昭和62年に廃案になった売上税の51品目の非課税項目も参考にするとよい・・・という助言をもらいました。

 そんな古いもの、Webにもないだろうし・・・と思って、アマゾンへ行き、「売上税」で検索。するとズラズラと表示されました。その多くは、絶版ですが、中古商品なら買うことができます。アマゾンは、新刊の販売をしているわけですが、同時にマーケットプレイスというのもやっており、中古の書籍の販売の仲介をしているのですね。以前から、それは知っていたし、私もいらない本を売却する側にまわることもあります。しかし、22年前の誰も見向きもしない廃案になった税制の本を選んで買うことができるとは! ロングテールというのはこういうことですね。

 下記が、「売上税」で検索した結果です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%94%84%8F%E3%90%C5

 ちなみに私は、3冊購入しましたが(本の値段は1円とか50円なので配送手数料の340円の方が明らかに高い)、この購入した本をクリックすると画面の上部に「 お客様は、2009/7/21にこの商品を注文しました。 注文を確認する 」なんていう注意書きが。過去に買った本をまた買っちゃうって良くあることなんでしょう。コンピュータを駆使したビジネスですね。

 アマゾンドットコムってすごいなぁと、あらためて感じたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

無限ループ

 あるパーティで大村あつしさんというリトルエブリシングを書かれた作家の方にお会いしました。で、先月文庫版が出た「無限ループ」(講談社文庫)を頂戴しました。
 数千万、1億、10億と手にした時の男の発想、行動に興味深いものがあります。あまり、ネタばれになるようなことは書けませんが、あれがあそこにつながるかぁ・・・というのが、リトルエブリシング同様の読了時の快感ですね。

 株式公開の世界を見ていると、ベンチャーキャピタルから数億円の調達をした瞬間、高級マンションを買ったり、都心の立派なビルに移転したり、本質を見失う人もいるわけです。細川信義という古手の会計士が、「人には器があって、1億円を手にして行動が狂う人もいるし、1億円は大丈夫でも10億円で狂う人もいる」なんて話をしてくれたことがありますが、そんなことも考えながら、読ませていただきました。

 という紹介で、ご関心をもたれた方、ISBN 978-4-06-276401-8ですので、お買い求めくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »