« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月17日 (水)

便利なエクセルシート

 うちの事務所では、便利なエクセルシートをいくつか開発して、ホームページに載せることで、お客様以外にもご提供しているのですが、けっこうページの深いところにあってわかりずらいかと思いまして、まず、ブログでご紹介かな?と思いました。本来は、ホームページの改良をするべきなのですが。

 まず、「会社か個人か判定シート」。これは、個人事業をしていて、ある程度利益が出てきて、「会社にしたほうが良いのかな?」と思ったときに、税金の額が個人事業と会社にした場合とどう変化するかをシミュレーションできるシートです。
http://www.sakumakaikei.com/data/dokuritsu/08.html

 次に新たに会社を興す場合、あるいは、金融機関に融資条件の変更などを求める場合に提示する事業計画書のテンプレートです。これは、次の6段階で事業計画書が出来上がってしまうという仕組みで、これを作ることで事業計画の作り方の学習もできると思います。そもそもちゃんとした事業計画書を作った人なんて少ないのに、ベンチャーキャピタルの投資を受けるために鉛筆舐め舐め計画を作ったベンチャー企業は少なくないはずです。

【1】 「基本条件」のシートを開いて、決算期、調達金利などを入力します。入力するのは、薄いクリーム色の部分です。
【2】 売上仕入計画のシートを開いて、商品・サービスの単価、原価率、売上代金の回収期間、必要在庫量などの条件を決め、さらに販売数量を予想していきます。 最初の1年間は、四半期で、2,3年目は、年間計画となっています。
【3】 人員経費計画のシートでは、従業員数や給与水準、経費の発生額を入力します。
【4】 設備投資のシートでは、設備投資額を入力します。
【5】 資金収支のシートでは、これまでの入力結果から、資金収支が出ていますので、資金調達尻の欄がマイナスにならないように資金調達欄を入力します。
【6】 以上を入力すると、最後の事業計画書が完成しています。
http://www.sakumakaikei.com/data/dokuritsu/05.html

 といったシートが掲載されているのは、「独立開業マニュアル」という読み物のページです。こちら全体をお読みになっていただくのも良いかなと思います。http://www.sakumakaikei.com/data/dokuritsu/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

ホームページをリアル店舗で宣伝

 お昼ごはんを食べに事務所から歩いていたら、「ホームページあります。ブログも」という紙の札を下げた看板を置いたお店がありました。店舗があるのにその前でホームページを宣伝しなくても・・・と思ったそのお店は、葬儀屋さん。「そうかみ」で検索してくれと書いてあるので、思わず事務所に戻って検索しちゃいました。

 生前から「俺が死んだら、葬儀はどうなるんだ?」とか考える人も少なくないそうですが、かといって、葬儀屋さんに飛び込んで相談するのもどうも躊躇っちゃいそうです。そこで、ホームページを見てもらう。これはグッドアイデアだと思いました。よく、ネットショップの運営などでは、ネットとリアル店舗の複合をしていくといったアドバイスがあり、基本的にはネットからリアル店舗へ誘導しようというニュアンスだと思います。しかし、ここでやっているのは、リアル店舗からネットへ誘導して、そこで経営者を知ってもらった後で、リアル店舗へ回帰させるという流れ。

 果たして成功するのでありましょうか。私は、非常に面白い試みだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »