« 時間稼ぎ | トップページ | 経営者の給与 »

2009年5月22日 (金)

新型インフルエンザ騒ぎの中で

 洗足学園の高校生がニューヨークへ行ってインフルエンザを拾って帰ってきました。「こんな時期にいくなんて」という声もあったり、主催者側から参加を取りやめる理由は存在しないというメールをもらったのでと言う説明を校長がしていたが責任転嫁だといった声もあるような。「挙句の果てに涙を出したそうな」とか。

 でも、難しい判断ですね。マスクをきちんとして参加すれば、罹患の可能性が3~5%あったとしたら、逆に95%大丈夫だろうと踏んで行かせたなら、それはそれで判断だったと思います。だって、5%って統計学的には棄却域と呼ばれる無視しても良い範囲だから。また、他国の参加者がまったく参加取り止めをしていないのであれば、参加するのがグローバルスタンダードだとも言えます。

 しかし、記者会見の際にそういうスタンスで校長が語ったら、きっとブーイング。以下、仮想の記者会見のやり取り。
校長「本人たちも模擬国連に向けて周到な準備を重ねてきて、参加した場合に本人達が得る体験は何にも替えがたいものがあります。それに比べてインフルエンザは、行けば100%かかるというものではないため、その可能性を5%程度だろうと踏み、弱毒性で命にかかわる可能性は低いと専門家が判断し、また、他国からの不参加がないという情報があったため、参加をさせました。しかし、結果として、皆様にご迷惑、ご心配をお掛けしたことはたいへん申し訳なく思います。」
記者「参加させたことは判断ミスだったということですか?」
校長「いいえ、参加させた判断は、間違いではないと思いますが、裏目の方が出たということだと認識しています。」
記者「現にインフルエンザに罹ってしまっているわけですから」
校長「行った人の半分が罹患するといった状況なのに、それを把握できずに参加させたのであれば、判断ミスですが、それほどの罹患率ではないという点では、判断材料自体にミスはなかった。よって、裏目の方が出ただけだという認識です。ただ、結果として、皆様にご迷惑、ご心配をお掛けしたことはたいへん申し訳なく思います。」
記者「つまり判断ミスではないですか。」
校長「ありません。物事には、必ずメリットとデメリットがあり、予想通りの結果が出る可能性が100%というものはありません。例えば、100万回に1度くらいの確率で飛行機が落ちるとしても、そのリスクの期待値よりも海外へ行くことの収穫の期待値の方が大きいから、海外への修学旅行や行事参加をするわけです。で、たまたま飛行機が落ちたから、その学校の判断が誤りだったかと言えば、そうではないと思います。今回も同じように、参加した場合の収穫の期待値とインフルエンザに罹ることのデメリットの期待値を比較して、十分に前者が大きいという判断でありました。」
記者「飛行機の墜落と国内にウィルスを持ち込むことを一緒にしてよいのですか」
校長「今回の生徒の場合も発熱を訴えていながら、検疫は通過してしまいました。発熱すらないままに潜伏期のまま日本に入国している人はたくさんいるはずです。それが2名増えたか増えないか?というだけのことであり、それよりも2名の生徒の将来の収穫の方がはるかに大きいとはお考えになりませんか?」

 なんて、やり取りをしたら、きっとメディアでの取り扱いは、洗足学園叩きになるんじゃないかと思ったりします。企業の経営者のリスク管理として、メディア対応と言うのがありますが、「メディアは、感情的なバカだから、そのバカが理解できるレベルにまで自分が降りていかないと叩かれる。正論を言っても感情的な人には理解できない」というのがあるんだと思います、メディアの記事には載りませんが。ただ、ひたすら謝って、「判断に至った経緯を洗いなおすだけでなく、専門家を招聘して第三者委員会を作って、判断のプロセスを評価していただくことも検討していますので、その経過は、逐次お知らせしたいと思います。」ってなことを言っておくのがよいのでしょうか。第三者に評価していただくことも検討した結果、それはやめたでもよいのですから、ほとぼり冷めちゃえば。

 もし、うちの子供がニューヨークに行くという状況があったら、親として、つまり私ははどう判断するべきだったろうか?と思ったのでありました。

 P.S.ところで、洗足学園の校長の記者会見を見ていないんですが、実際はどうだったのでしょうか。

|

« 時間稼ぎ | トップページ | 経営者の給与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/45092643

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ騒ぎの中で:

« 時間稼ぎ | トップページ | 経営者の給与 »