« 岩田専太郎コレクション 金土日館 | トップページ | 豚インフルエンザの謎 »

2009年4月27日 (月)

オリンピック招致について

 2016年東京オリンピックの招致の是非についていろいろ意見があるようですが、私見を1つ。

 前回のオリンピックが1964年。今が2009年。45年が経過しています。東京オリンピックに向けて、東海道新幹線が建設され、首都高速1号線が作られました。が、45年。橋脚とか、そろそろ抜本的に直さないとダメなんじゃないですかね。で、抜本的に直すには止めないといけないけど、東京と大阪をつなぐ動脈を止めるわけにいかないから、リニアを計画し、第二東名高速を計画し・・・と考えると理解できないでもない。じゃ、都内の首都高は?

 東京の事業税は、数年前の税制改正で事業所の人数按分の仕方の改正で減らされたり、どうも都会にお金が集まったり、建設投資をするのは疎まれる傾向があるらしい。あの時の事業税の改正は、どう考えても地方にお金を配るためだけの改正にしか見えなかったです。当時、東京都議会の税制委員長をしていた近藤弥生都議(税理士です。今は足立区長。)が憤慨しておりました。いくら地方から非難されようと、やらないといけないこともあるはずで、そこで正当化する理由としてオリンピックを据えるというのは妙案。私は、勝手にそう解釈して、オリンピック招致に賛成しているんですが、はたして、皆さんはどう思いますか?

|

« 岩田専太郎コレクション 金土日館 | トップページ | 豚インフルエンザの謎 »

コメント

 私には、東京はコンクリート砂漠で、ヒートアイランドで、愚かともいえる高層ビル群など、不自然で歪んだ都市に見えます。都市として限界が来ているのではないでしょうか?少しくらいの補修をしても不毛だと思います。

 東京は、ひとりで成長発展したかの様に振舞って居ますが、地方の人材を吸い取って発展した街です。北海道は「搾取される大地」と表現する作家も居ます。お金と人材があって地方は生き残れるけれど、北海道は悲しいほど人材が居ません。

投稿: yuriko | 2009年4月28日 (火) 23時51分

yurikoさん、コメントありがとうございます。
 ただ、コメントの趣旨というかyurikoさんのご意見が見えてきません。東京に都市としての限界が来ているし、北海道には悲しいほど人材が居ないから、東京をゼロから作り直すくらいの覚悟で再開発すべきだという趣旨なのか、東京を意図的に朽ちさせて、そこに集まっている人材を地方に分散させるべきだという趣旨なのか? しかし、東京が朽ちた時、そこにいる人が地方にいくとは限りません。北京やニューデリー、ニューヨークに散ってしまうかもしれません。
 私は、地方対東京という構図自体、古くなっているように思います。今や、日本が世界の中で互してやっていくために、日本がどのような集中投資をするべきか、その対象としては東京しかないのではないかと思っているのですが。

投稿: 佐久間 | 2009年4月29日 (水) 11時59分

たかが都市整備をするに当たってオリンピックを持ってこないと話が出来ないというのが何とも情けないです。
日本の都市整備は長期ビジョンが無く場当たり的ですぐに破綻してしまう。
オリンピックなどに頼ることなく、列島改造論のような安易な話でなく、腰を据えたビジョンを作れるプロジェクトを作らねば。

投稿: しょうたく | 2009年5月30日 (土) 19時08分

そうですね、日本は、嫉妬の文化があるから、地方からみて反映している東京にさらに投資がされるのが嫌われる可能性があり、かつ、年度予算主義でしか物を考えないから、長期ビジョンがないです。こんなことでは、周辺の他国に負けてしまいます。空港一つとっても、ハブ空港がないのに地方空港ばかり作りすぎ。ビジョンがないです。静岡に空港を作るくらいなら、いっそのこと滑走路5本くらい作って、新幹線を複々線にして、東京~静岡空港を45分で結ぶくらいのこと考えないと。

投稿: 佐久間 | 2009年5月30日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/44816309

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック招致について:

« 岩田専太郎コレクション 金土日館 | トップページ | 豚インフルエンザの謎 »