« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

豚インフルエンザの謎

 このところ豚インフルエンザの話題でもちきりですが、1つ気になっていることがあります。それは、メキシコの患者数として伝えられる1995名というのは、「疑わしい患者数」なのか「入院者数」なのか?です。

 「メキシコ保健省は27日、豚インフルエンザ感染が疑われる死者は152人に増えたと発表した。インフルエンザの症状を示して入院した人の数は1995人に達した。」(朝日新聞のサイト4月28日13時57分)
 「コルドバ保健相は27日、感染によるとみられる同国の死者が149人に達したことを明らかにした。死者はメキシコ市を含む10州で発生したという。さらに感染患者は疑い例を含め1995人に達したことを明らかにした。うち1070人がすでに退院したという。」(中日新聞のサイト4月28日 02時28分)

 つまり、ここでは保健省ないし保健相の発表として同じ1995名が入院者数と報道されたり、「疑い例を含む感染者数」として報道されています。どうやら、インフルエンザと疑われる人はまず入院させていて、それをもって患者数としているらしいという風に読めます。
 しかし、田舎町で入院できずに家で寝ている患者がいるのではないか、豚の飼育をしているような地域はむしろそうなる可能性が高いのではないか?などと思ったりすると、「感染によると見られていないインフルエンザの死者」が152名のほかに存在する可能性があるのではないか、とか、入院していないインフルエンザ患者が1995名のほかに存在する可能性があるのではないか、などと思ってしまいます。

 しかし、メキシコの場合、「どうやら患者数=入院者数と置いているらしい」と想像がつくので、この定義外の患者がいるかもしれないと想像がつきます。ところがアメリカの40名については、その定義がはっきりしません。WHOの英語のサイトへ行くと、26日段階の20名は、アメリカ政府の発表によれば・・・となっています。で、アメリカのサイトを調べるとCDCのサイトへ行くようになり、とりあえず見つけた文章では、こんな感じ。

 「WE ARE OFFICIALLY REPORTING 40 CONFIRMED CASES IN THE UNITED STATES IN FIVE STATES.」

 そして、これらはすべて軽度であるといった記述がありますが、疑い例を含んでいるかどうかなど全く不明です。

 明らかに疑い例も含んでいるメキシコ、でももっと多いかもしれないメキシコ、それに対してカウントの根拠が想定できないアメリカ。単純に比較してよいものかどうか、疑問です。日本のマスコミにも、こういう突っ込みをして、記事を書いてほしいものだと思うのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

オリンピック招致について

 2016年東京オリンピックの招致の是非についていろいろ意見があるようですが、私見を1つ。

 前回のオリンピックが1964年。今が2009年。45年が経過しています。東京オリンピックに向けて、東海道新幹線が建設され、首都高速1号線が作られました。が、45年。橋脚とか、そろそろ抜本的に直さないとダメなんじゃないですかね。で、抜本的に直すには止めないといけないけど、東京と大阪をつなぐ動脈を止めるわけにいかないから、リニアを計画し、第二東名高速を計画し・・・と考えると理解できないでもない。じゃ、都内の首都高は?

 東京の事業税は、数年前の税制改正で事業所の人数按分の仕方の改正で減らされたり、どうも都会にお金が集まったり、建設投資をするのは疎まれる傾向があるらしい。あの時の事業税の改正は、どう考えても地方にお金を配るためだけの改正にしか見えなかったです。当時、東京都議会の税制委員長をしていた近藤弥生都議(税理士です。今は足立区長。)が憤慨しておりました。いくら地方から非難されようと、やらないといけないこともあるはずで、そこで正当化する理由としてオリンピックを据えるというのは妙案。私は、勝手にそう解釈して、オリンピック招致に賛成しているんですが、はたして、皆さんはどう思いますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

岩田専太郎コレクション 金土日館

 事務所がある谷根千(谷中・根津・千駄木)には、根津神社、朝倉彫塑館、観潮楼跡の本郷図書館鴎外記念室(現在、改装中)など、散策に良い見所がたくさんありますが、今週末より、もう1つ名物が増えることになりました。

 昭和20年代から40年代に活躍した挿絵画家、岩田専太郎の作品を集めた金土日館です。関係者やご近所などへのプレオープンが本日ありましたので行ってきたのですが、「私の子供のころ、こんな雰囲気だったなぁ」という絵がたくさんありました。新聞や雑誌の連載小説の挿絵もたくさんありましたが、絵の本体と新聞等のコピーの両方が並べてあって、新聞の連載小説以外の記事を読んでも楽しいです。で、現物を見て初めてわかったのですが、挿絵って、最終的に白黒で印刷されるのがわかっていても、ちゃんと色をつけて描かれているのですね。すごくもったいないと思いました。でも、それを見ることができるのは、貴重な場だと思います。Kindonichi_2

 この金土日館は、名称のとおり、金曜、土曜、日曜しか開館しません。平日、いらっしゃ る方は、金曜日に、お休みの日にいらっしゃる方は、祝日ではなく、土日にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »