« 政府税調での議論 | トップページ | こんなに休みがあるんだ!? »

2008年12月31日 (水)

明けましておめでとうございます

 昨年末は、子供達もだいぶ大きくなってきたためか、紅白歌合戦を久しぶりにほとんど全部見ながら大晦日を過ごしました。普段、歌番組などは見ないため、知らない歌がかなりありましたが、それでも「陽はまた昇る」(Pabo)、「GIFT」(Mr.Children)など、日本に元気をといったテーマの曲が目につきました。ちょうど、大晦日で終わった12月の「私の履歴書」の小宮隆太郎教授が「日本に衰退の兆しを感じた今、ここで対処しないと」といった旨の文章にも感じるものがありました。「イギリスでは、28年間を3人の首相で乗り切って危機を超えた。それに比して日本では・・・」といったことも書かれていました。

 例年、20行ほどの文章にしている年賀状もこの数年やや暗めの内容になっていましたが、小宮教授のように危機の兆しを危機感として明文化するのも手ですが、紅白歌合戦のように「がんばろうよ、元気出そうよ」というメッセージを発信するのもエンターテイメントとしては大事なことだと思った次第。ま、私は、エンターテイメントではなく実務家なので、小宮教授パターンでいいやと思っているのですが、年賀状の中では、「中小企業の復活がなしに日本経済の浮上はないと思っている」といったことを書いております。

 10年来思っていることですが、高度成長期の日本の企業は、人口が増える分だけ、何の努力もしなくても人口増加率分だけの売上増加が約束されていました。なので、小売店なら、店を構えれば、それなりになり、出店費用が借金でも物価も毎年上がっていくため、相対的に借入金の負担感は低減していったはずです。それに比べて、1991年以降の日本では、人口も増えず(増えていますが、若年人口は減り始めています)、物価も上昇せず、その結果、借入金に貸借対照表を圧迫され続けてきました。小売店なら、「この場所で店を続けていて良いのか?」(出店・退店政策)、「どうやったら顧客を増やせるか、来店頻度を高められるか?」(広告・宣伝政策)、「ネットでも販売できるか?」(販路の拡大)など考えないといけないし、製造業なら、「得意先からの注文を待っているだけでよいのか?」「もっと製造原価を低減できないか?」といった工夫が求められるようになりました。

 中小企業よりもいろいろ考える能力を持つ大企業が行った原価低減政策が「正社員から派遣社員への切り替え」であったなら、あまりにも工夫がないというか、知恵がない対応策です。もちろん、馬鹿社員でも首を切れない今の労働法にも問題があるのですが、そういう根幹を直さずに派遣法を拡大しようと動いた大手企業の馬鹿さ加減は許しがたいものがある反面、従業員を守ればよいという観念だけにしがみつく労働法学者も同様に問題があるのかもしれません。アメリカでは「同じ事象(たとえば遅刻)について3回注意を受けたら、3回目には解雇を言い渡しても経営側は悪くない」というルールがあると聞きました。日本には、そういう明文化されたルールはないですね。これは、労働法学者が現場を見ていないということではないのでしょうか。あるいは、見ても見ないふりをしたい背景があるのか?

 これからは、すべての人が自分の能力を100%生かして、知恵のある活動の成果として、明るい日本を作らないといけないのではないかと思いました。御手洗経団連会長、読んでますか(読んでるわけないですが)? あなたのキヤノンも偽装請負をやり、「それがダメなら派遣契約へ」とやっていたわけです。外注しているソフトウェア会社にまで「請負契約はまかりならん」みたいな指示が出ていたそうですが、本当に表面だけを取り繕った会社になり果ててしまっている印象です。もっと本質を見て、仕事をしましょう。「労働者は搾取される存在だ」という観念に凝り固まった労働法も異常です。就業時間を1秒でも過ぎて仕事が終わったなら、残業手当を出さねばならないといった発想も疑問です。確かに理論上、法律上はそうですが、従業員のサービス精神や職場へのロイヤリティといったものとは相容れない発想です。法律はそうでも、本当に生きた運用といったものへの工夫があってもよいのでしょう。従業員を数十名以上抱えた会社では、「税務署より労基署の方が怖い」といった話は、中小企業の常識です。このままでよいのでしょうか。もちろん、従業員を不当に酷使している企業があることは、「名ばかり管理職」問題など否定はしないのですが。

 などなど、書きながら、じゃあ、公認会計士は、税理士は、自分の仕事の分野でどんな本質を見つめて、改善を図っていかねばならないのか。そんなことを考えながら新年を迎えようかと思いながら、これを書いています。

|

« 政府税調での議論 | トップページ | こんなに休みがあるんだ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/43593560

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

« 政府税調での議論 | トップページ | こんなに休みがあるんだ!? »