« 携帯電話の普及で変わったもの | トップページ | 業界紙からの取材 »

2008年9月14日 (日)

ハラハラ巨人軍に疲れた話

 昨日の話になりますが、男の子2人を連れて、東京ドームの巨人-ヤクルト戦へ。阪神や中日を避けてヤクルト戦にしたのは、下の男の子が昨年見た時には、巨人が負けてしまってむくれてしまったので、勝ちやすいチームにしようということで。

 で、1回裏の巨人の攻撃は先頭打者ホームランで、幸先よく始まったものの、先発のバーンサイドが炎上しまして、ヤクルトに4点を献上。その間、巨人は、ホームラン3本という大振りの密度の低い野球を展開。が、4回裏にやっとヒットを続けて、8対4にしてほっと一息。ところが、バーンアウトしたバーンサイドの後の東野がまた打たれて、8対8の同点に。下の子どもは、「もう駄目だ。また負けだよ」とふくれる。が、その後の藤田、山口がなんとかきれいに投げ、8回裏に阿部がホームランで、9対8に。やった、これで9回を投げるのは、抑えの守護神クルーン。昨年、横浜戦に負けた際には、このクルーンに巨人打線がまったく手が出ずに反撃の期待を失った経験があるだけに、もう勝ったと確信。

 ところが、ボールを連発。四球、四球、四球で満塁。勘弁してくれ、157キロのボールを投げてもストライクに入らなければ少年野球と同じでフォアボールで負けてしまうのよ。無死満塁じゃもうだめだと思ったら、1塁ゴロで本塁封殺。次が三振。最後がショートゴロでスリーアウト。勝った! 子供もご機嫌。でも、異様に疲れました。頼む、放火をしてから火消しをするようなことはやめてくれ。これで負けたら、疲れはこれ以上だったのだろうと思うと、ほっとしましたが。

 ちなみに本日の朝日新聞では、クルーンがメインに記事になっていました。球団初の33セーブだそうな。しかし、日経は、乱戦を封じた山口の勝ち星をメインに記事にしていました。彼は、1回を投げただけだが8月以来で5勝目。通算11勝ということで新人賞候補だそうです。確かに、ヤクルトに流れそうだった試合の流れを食い止めたのは山口の好投だったかもしれません。新聞記者というのは、よく見ているものだと感心しました。

|

« 携帯電話の普及で変わったもの | トップページ | 業界紙からの取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/42472711

この記事へのトラックバック一覧です: ハラハラ巨人軍に疲れた話:

« 携帯電話の普及で変わったもの | トップページ | 業界紙からの取材 »