« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

フルトヴェングラーの新CD

 久々にフルトヴェングラーのCDを購入し、聞いてみました。というのもレーザーによる非接触方式でアナログ盤を再生し、CD化したというものがこの8月に発売になったためです(Altus ALT154 発売元:キングインターナショナル)。曲目は、ベートーヴェン交響曲第3番の1944年のウィーンフィルとの録音。世にいう「ウラニアのエロイカ」です。この音源は、ピッチが狂っていて、変ホ長調の曲であるにも関わらず、ホ長調で鳴るといった話もありますが、名盤として知られています。このCDでは、ピッチを修正しているとのこと。ピッチを修正していない盤では、第1楽章が14分50秒前後で演奏されていますが、このCDでは15分21秒となっています。

 さて、演奏は、なにしろフルトヴェングラーですから置いておいて、音質に注目。聞き出して最初に感じたのは、ダイナミックレンジが広いこと。また、ヴァイオリンの高音の響きが豊かです。ただし、トランペットなど金管の音の歪んだ雰囲気は、ほとんど変わらない雰囲気です。とりあえず、1950年代後半のステレオ化直前のレコードの音にだいぶ近付いたかな?という雰囲気。鑑賞に堪えるフルトヴェングラーのCDが出てきたという印象です。

 このCDと一緒にベートーヴェンの交響曲第5番&コリオラン序曲も同時発売で、まもなくブルックナー交響曲第8番が出るそうです。「運命」のほうは、1943年のベルリン・フィルとの演奏。世間では、1947年のベルリン・フィル、1954年のウィーン・フィルの演奏をベストに挙げる人が多いように思いますが、1943年盤、私は評価しています。これも買ってしまおうかな?と思ったり、でも、1回聞くだけで所有欲を満たすだけになっちゃうかな?と思ったり。ブルックナーはどうですかね。9番を聞いた印象では、かなり主観的にすぎる演奏で、ちょっとついていけなかったんですが。

 それにしても、フルトヴェングラーがあと5年長生きしてくれたら、そもそもの原盤がもっと良質な音で録音されていたんだろうと思うわけで、つくづく残念です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

業界紙からの取材

 業界紙というのは、いろいろな業界にあるもので、税理士業界には「税理士新聞」というのがあります。といっても日刊ではなく、週刊ですが。

 先般、ここから取材をしたいという話があり、受けることにしました。一般に雑誌からの取材というと取材料を取られる広告宣伝費支出型のものもけっこうあるようですが、今回は、依頼してきたのは普段原稿執筆等でお付き合いのある編集者の方。なので、安心して受けさせていただいた次第。

 中身としては、うちの事務所の顧問先様から2社株式公開に成功された事例があり、IPO支援という切り口。ま、上場するなんていうのは、顧問税理士の力の部分なんてほんの少しで、企業自体の地力、社長や幹部社員のがんばりによるものなんですが、記事の中では私の支援の賜物みたいに書いてあります。ちょっとこそばゆいですが。

 ま、近況報告みたいな感じで、受け止めていただければと。記事をスキャンしたものをホームページに載せてみました。
 http://www.sakumakaikei.com/files/news.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

ハラハラ巨人軍に疲れた話

 昨日の話になりますが、男の子2人を連れて、東京ドームの巨人-ヤクルト戦へ。阪神や中日を避けてヤクルト戦にしたのは、下の男の子が昨年見た時には、巨人が負けてしまってむくれてしまったので、勝ちやすいチームにしようということで。

 で、1回裏の巨人の攻撃は先頭打者ホームランで、幸先よく始まったものの、先発のバーンサイドが炎上しまして、ヤクルトに4点を献上。その間、巨人は、ホームラン3本という大振りの密度の低い野球を展開。が、4回裏にやっとヒットを続けて、8対4にしてほっと一息。ところが、バーンアウトしたバーンサイドの後の東野がまた打たれて、8対8の同点に。下の子どもは、「もう駄目だ。また負けだよ」とふくれる。が、その後の藤田、山口がなんとかきれいに投げ、8回裏に阿部がホームランで、9対8に。やった、これで9回を投げるのは、抑えの守護神クルーン。昨年、横浜戦に負けた際には、このクルーンに巨人打線がまったく手が出ずに反撃の期待を失った経験があるだけに、もう勝ったと確信。

 ところが、ボールを連発。四球、四球、四球で満塁。勘弁してくれ、157キロのボールを投げてもストライクに入らなければ少年野球と同じでフォアボールで負けてしまうのよ。無死満塁じゃもうだめだと思ったら、1塁ゴロで本塁封殺。次が三振。最後がショートゴロでスリーアウト。勝った! 子供もご機嫌。でも、異様に疲れました。頼む、放火をしてから火消しをするようなことはやめてくれ。これで負けたら、疲れはこれ以上だったのだろうと思うと、ほっとしましたが。

 ちなみに本日の朝日新聞では、クルーンがメインに記事になっていました。球団初の33セーブだそうな。しかし、日経は、乱戦を封じた山口の勝ち星をメインに記事にしていました。彼は、1回を投げただけだが8月以来で5勝目。通算11勝ということで新人賞候補だそうです。確かに、ヤクルトに流れそうだった試合の流れを食い止めたのは山口の好投だったかもしれません。新聞記者というのは、よく見ているものだと感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

携帯電話の普及で変わったもの

http://hsakuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_a32f.html

 先般、こんな話を書いて、翌日の予定を決めるその電話を前夜のうちに入れずに、携帯メールを使いながら、「明日の朝、電話するね」とメールしていることを不思議な現象だと書きました。そしたら、ある会社の社内でのメーリングリストで、次のような書き込みがあったそうです(社長の訓示ではなく、従業員側からの提案の文章です)。

-----------
携帯電話の普及とともに
時間を守れない人が増えてきた気がしています。
「待ち合わせ」についての価値観も変わってきていると思います。

時間を守れない人=時間をコントロールできない人ということだと思います。

まずは会議の時間を守るところからでしょうか?
自分も含め、意識高めていきましょう!
-----------

 まさに、ここに尽きるのだと思います。若い人が中心のその会社でも、携帯電話の普及により「個」が優先され、事前の時間の設定やその厳守がルーズになっているのでしょう。携帯電話は、便利な反面、社会性・組織性の側面には危険な部分があり、リテラシーの向上は必須なのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

長寿医療制度(年金からの引き落とし)

 今朝の新聞に折込で入っていた政府広報の中で、年金から引き去られるのが原則であった長寿医療制度の保険料(後期高齢者の保険料)が年金から引く方式だけでなく、区市町村で手続すれば、本人の口座から引き落としにできたり、世帯主や配偶者の口座からの引き落としにできるという制度が説明されていました。

 これ、節税効果があります。従来、年金から引き落とされると、引き落とされた額は、所得税の計算上、社会保険料控除とすることができますが、それは本人の所得税の計算でしか使えませんでした。もし、年金による所得が38万円以下で息子さんの扶養家族になっていても息子さんの所得から控除することはできませんでした。

 しかし、預金口座からの引き落としにすれば、生計を一にしている家族のうち一番所得税率の高い人の社会保険料控除に含めることで、節税になります。こういうことができるようになったんだよ・・・ということは、広く世間に伝わってほしいと思いまして、ご紹介する次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »