« じぶん銀行の営業開始 | トップページ | 中小企業向けの施策あれこれ »

2008年7月25日 (金)

後期高齢者医療保険料が50万円

 昨日、お客さんのところで、数字を見せられて、ビックリしました。保険料が50万円。月々83,333円が払うようになっているのですね。「健康いきいきネット」というところで試算できるのですが、給与収入だと953万円、給与所得控除後の金額でいうと700万円くらいからこの50万円の最高額に到達するらしいです。料率6.53%だったかな。

 もちろん、950万円ももらっていれば、50万円くらい払えるでしょう・・・というのはありますが、突然50万円払えと通知が来たらビックリしますよね。昨年の住民税の増額(所得税の減少)でも、6月の通知でビックリされた方もいらっしゃいますよね。それが、50万円ですから。
 また、均等割りが3万8千円ほどあるので、国民年金しかもらっていない年収100万円足らずの人のところにも「月々3千円強を払え」という通知が来たはずです。そりゃ、大問題ですね。

 保険制度というのは、健康な人・病気した人、怪我した人・しない人といったいろんな人が加入しているから、健康な人の保険料が健康じゃない人の医療費に回せるわけです。しかし、後期高齢者というのは、みんな何らかの不健康な部分を持っている年代なので、結局、医療費の名目で払うか、保険料の名目で払うか?というだけの話になってしまいます。保険の運営のための事務費用分だけ無駄なんだと思います。

 小泉首相時代の後遺症だといいますが、制度設計したのは厚生労働省。どこまで馬鹿な役所なんだろうと思わずにはいられません。

|

« じぶん銀行の営業開始 | トップページ | 中小企業向けの施策あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/41964597

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療保険料が50万円:

« じぶん銀行の営業開始 | トップページ | 中小企業向けの施策あれこれ »