« 混迷する日本経団連 | トップページ | 年金の税方式移行について »

2008年6月 4日 (水)

うどんは馬喰横山に限る?

 30歳前にマザーズに上場した高野さんという社長さんの少年時代、親御さんが高野さんに「新聞の記事を拾い出して、内容を自分なりに噛み砕き、文章にまとめる(その中には別の資料に当たって記事を検証することも含む)」という課題を課していた・・・というエピソードを聞いて以来、子どもにせめて天声人語を読ませるという課題を与えよう・・・ということをやっています。

 今朝の書き出しは、「永田町の議員会館の前で・・・」。その瞬間、ふと、こんな質問をして見ました。
 「永田町っていったら、何が浮かぶ?」
 「担任の永田先生」
 「永田町には何がある?」
 「国会議事堂」
 「そう、だから、永田町では・・・と言うときには、国会議員さんは・・・という意味で使うことがあるんだよ。じゃあ、霞ヶ関は?」
 「わかんない」
 「これは、財務省とか厚生労働省とかお役所があるから、お役人。官僚。じゃ、秋葉原は?」
 「石丸電気!」
 「おしい。電気街。じゃ、兜町は?」
 「わからない」
 「あそこには東京証券取引所があるんだ。だから、株とか証券業界。じゃ、馬喰横山は」
 「サピックス!」
 「当たり!といいたいけど、外れ。衣料問屋なんだな」
 
 という会話をしながら、こんなのが中学入試で出てきたら怖いよな、塾の入試報告会などでもすぐに取り上げられて、「だからお子さんにも新聞を読ませないと」とかなるんだろうと、思ったりした。

 そのとき、子どもが
 「馬喰横山のうどん屋って、そんなにおいしいの?」
 「?????」
 で、次の瞬間、やっとわかったので、子どもに教えてあげた。
 「イリョうどん、といううどん屋さんがあるんじゃなくて、衣料問屋。繊維街なんだよ」

 知らない相手には、丁寧に説明しないと、とんでもない誤解が生じるのですね。でも、楽しい朝食の時間でありました。

|

« 混迷する日本経団連 | トップページ | 年金の税方式移行について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/41424614

この記事へのトラックバック一覧です: うどんは馬喰横山に限る?:

« 混迷する日本経団連 | トップページ | 年金の税方式移行について »